白も黒もある自分を認める あなた専用のアロマ香水

今日のヨガ哲学レッスンは趣向を変えて

嗅覚を使って自分の思考グセを見ていくということを行いました。

嗅覚からの情報は

【思考】を経由せずに

一瞬で「好き・嫌い」の判別が行われます。

つまり【思考】を経由しないということは

自分の本音なのです!

 

そして

好きな香りよりも

嫌いな香りを掘り下げていくことで

自分の中にある

認めたくない自分に出会い、

それを認めていくことで

どんどん人生が幸せになっていきます。

自分を掘り下げるワークの後は最終的に、

好きな香りと嫌いな香りをブレンドして

ロールオンアロマを作ります。

あなただけの

「好きな香り+嫌いだったけれど今は認めた香り」のオリジナルの香りです。

私の場合、イランイランの香りが苦手なのですが

・甘ったるい

・重い

・胸悪い

・束縛

といったイメージが出てきました。

掘り下げて考えると

「人に甘えてはいけない」という信念を持っていました。

「人に甘えてはいけない」「自分で責任もってやるべき」と思いながらも

甘え上手な人を見ると、とても羨ましかったり、嫉妬したり。。。

「自分でやるべきことはやったらいいけど、人に甘えてもいいかもね」

ぐらいに思えたら、、、。

 

そのために、好きな香りとこのイランイランの香りをブレンドした

ロールオンアロマの香りを嗅いで

「甘えてはならない!」という思考癖をゆるめていけたらいいなと思っています。

 

今日の生徒さんも

最初は嫌いだと言っていた香りを

【相手がどう思おうが、自分の意見は言っておきたい自分】

がいることを認めた後にもう一度香りを嗅いだら

「ツーンとしていなくて、甘い香りになっています!!」

とご自分の嗅覚の変化にびっくりされていました。

 

今日はアロマを使いましたが、

別にアロマを使わなくても

自分の思考癖を見ていくことはできます。

 

ヨガ哲学レッスンでも、別の方法で行っています。

ですが、アロマを使うと

単純に楽しいですね!!(特に女性は)

 

自分だけの香水が出来上がり、

それを毎日嗅ぐことで

どんな自分も認めていこうと思える。

いいだけの自分なんていないし

嫌なだけの自分もいない。

白も黒もどっちもあっていいのだよ!

を思い出す香りです。

 

実はこのレッスン、

2年前に

「ヨガとコーチングとアロマを組み合わせたワークを作る!」と

ノートに書いてました。

人生は自分の思い描いたようになるような気がします。

余り焦らなくても

このままでいいのだ!という安心感さえあれば。

 

ご興味ある方、是非いかがでしょうか?

 

ここは里山だ。みつろう、ゆず

昨日は、趣味で養蜂されている方たちの集まりに呼んでいただきミツロウを採集するところを見学させてもらいました。

ミツロウは、巣からはちみつを搾った後に残ってる部分です。加熱して溶かして、不純物を濾して採集します。

卵の黄身の色のようにものすごく黄色くて、蜂蜜の甘ーいいい香りが残ってます。天かすのようにも見えますね。

里山の静かな場所で、のんびりと外作業。

途中ものすごい勢いでカエルが鳴いていたら

「カエルの鳴き方が普通じゃない。もうすぐ雨が降るね〜」とか

ふっとみなさんから出てくる言葉も全部良かったです!!

里山は人も自然もお宝ですね。

 

そして今朝はそのミツロウを湯煎にかけて、ミツロウキャンドルを作ってみました!流し入れるだけなので簡単です!!

ミツロウキャンドルはススが出にくく、空気もきれいにしてくれるようなので、冬場の薄暗い日のヨガ時に灯してキャンドルヨガをやりたいと思います!

 

そして、11月といえば、ゆず。

今年は裏年なので、数は少ないですが大玉です。

数が少ないと大玉になるのでしょうか??

もう数年観察を続けないとわかりませんが、

玉の数、大きさも全て自然にお任せ。成った分だけ有り難く頂きます。

皮は蒸留用に、種は搾油用に。

なんせ大玉なので作業がしやすいです!!

今の時期だけ 青ゆずのウォーター

国造の青ゆずを頂きました。黄色くなる前、今の時期だけの香り。

早速、皮を蒸留しました。

この植物エキスたっぷりのハーブウォーターにベタインという植物由来の保湿剤を混ぜたら化粧水の出来上がりです。

髪の寝ぐせ直しとしてもオススメです。

 

ハーブウォーターは、アロマオイルより穏やかな香りと作用で、そのまま肌にもつけられるので

日常的に使いやすいものです。

 

食べるものだけでなく、肌につけるものも

自分の住んでいる土地のお水と空気で育った植物から作ったものが

肌に合うよう気がしてます。

外国から輸入された高価な珍しいハーブを使わなくても

その辺に生えてるよもぎやどくだみや国造ゆずが

充分にありがたいです。