頭の中で自分を責める言葉をやめてみる

今日はヨガ哲学の体験レッスンでした。

最近、ヨガ哲学レッスンを受講される方がじわじわと増えてきました。

 

□人の期待に応えることに疲れてきた

□自分の生き方に自信が持てない

□もっと自分を全開に生きたい

 

時代の変化なのか、

物質的な満足よりも

精神的な充足感を求められている方がとても増えてきています。

 

そんな今の時代だからこそ

ヨガ哲学とヨガの実践を自分のものにしていくことで

精神的な充足感

そして魂の自分を成長させることができると思います。

 

 

ヨガは「魂と心と身体」すべてを整えていくものであり

そのために私はヨガを伝えていますが、

以前の私の中の恐れは

・魂の成長とか言ったら、生徒さんは来ないじゃないか?

・みんな、エクササイズのヨガが欲しいのじゃないか?

こんな引っ込んだ気持ちがありました。

 

でも、

最近はそんなことは気にすることなく

求めてくる人に、伝えていけばいいだけだと

引っ込むことなくお伝えできるようになってきました。

 

 

本日の体験レッスンのご感想の一部分をご紹介します。

「・自分はダメだ。

・できないのでは、、、

と自分を低く見積もったり、

ありのままを認めないということは【暴力】である、

という言葉が刺さりました。」

 

 

私たちは人に対しては

「あなたはダメね。」とか

「あなたにはできないんじゃない?」

なんていう棘のある言葉はほとんど言わないのに

自分自身に対しては

頭の中で

「私はダメだ」

「私はできない」

という言葉の矢をすぐに向けてしまいます。

 

人からそんなこと言われたら、とてもショックを受けるのに

自分でそう考えることは平気になってしまっています。

ですが、これが自分を傷つけます。

 

身体に痛みがある場合も

痛みに愛を向けるかわりに

「この痛み、なくなってしまえ!」とか

痛み自体に対して怒りを持ってしまいます。

ですが、その痛みのある個所も自分自身なのです。

もっというなら、痛みを作ったのも自分。

 

ほんの少し、自分に向ける言葉、思いをやさしさのあるものに変えるだけで

自分が癒されます。

 

ヨガ哲学レッスン(対面・オンライン)

 

 

 

周りのリクエストに応えて生きるのは幸せ??

「単なるエクササイズだと思っていたヨガのレッスンが

一つ一つの動きが自分を見つめる大切な時間だとわかってからは、

レッスンを受けることが非常に楽しくなりました。」

という嬉しいご感想をいただきました。

 

ヨガ=身体エクササイズだと思っていると

いつかは飽きてしまいます。

前屈が出来ても出来なくても、

出来ないポーズがたくさんあっても、全く問題ありません。

 

ポーズは、自分の内側をみるための単なる道具です。

 

ではなぜ、自分の内側を見る必要があるのでしょうか?

 

それは、

大きく言えば、幸せに生きるためです。

 

ほとんどの時間、人は外側に意識が向いています。

「目の前の人はどう思っているのか?」

「ここで優しくしておかないと」

「いい人だと思われたい」

「こんなこと言ったら、馬鹿にされるかな」

 

つまり

自分はこうありたい、

私はこれを言いたい

これは嫌いだ

を我慢して

周りのリクエストに応えて生きることに全力を注いでいます。

 

そうすると

 

だんだんと自分の本音がわからないようになってきます。

私の幸せってなんだろう??

人に認められる存在になろうと頑張っているけれど、

その割にはあまり幸せを感じていない自分がいるような。。。

こんな気持ちはありませんか??

 

幸せになりたいと思いながらも

人を満足させる人生を知らず知らずに歩いています。

ですが、幸せになりたいなら、

自分を満足させる道を歩く必要があります。

そのためには、

 

一日のうち数分でも、あるいは週に1回でも

外側に向いている意識を

自分に向けてあげることをやってみてください。

 

それは難しいことではなくて

目を閉じて、自分の身体を観察してあげること、それだけです。

 

いきなり動かずに座り続ける瞑想はハードルが高いけれど

目を閉じて、ゆっくりとした呼吸にあわせて身体を動かせば

身体の伸びているところ

ちょっと痛いところ

左右の差

呼吸の深まり(あるいは呼吸が浅いこと)

などを観察しやすいと思います。

そうやってただ観察をしてあげる時間を過ごすことで

周りのリクエストにこたえるためにはどうしたらよいだろうか??

とフル稼働だった思考が大人しくなります。

思考が大人しくなれば

ようやく静寂が訪れます。

 

静寂

安心感

穏やかさ

これが見えていなかった本当の自分の性質です。

この性質に出会えたら

あー、私は今幸せだ。と思えます。

 

内側に意識をむけてあげることで

幸せは感じられます。

 

遠くまで出かけなくても

幸せは

自分の内側にあるということ。

そして、

今この瞬間手に入れられるものです。

 

 

ヨガは長い長い道だと思っています。

飽きるということはなく、死ぬまで歩いていく道。

飽きないのは、

自分を幸せにするということを

徹底的にやっていく道だからです。

 

 

何に安心を感じて

どういう自分だと幸せな気持ちになれるのか?

 

人が期待する自分になるのではなくて

自分基準で生きるために必要なのが

自分と向き合うということです。

 

それがヨガです!

単なるエクササイズではないのです。

 

【ヨガ哲学ご感想】ヨガ哲学=生きやすくなる教えという感じです。

先日ヨガ哲学レッスンを終了された方のご感想をご紹介します。

・思っていた”哲学”のイメージとは違い、実生活の中の出来事を例えて

話してくれるので、とても分かりやすかったです。

・『本質の自分』がここ(自分の中)にある。と思えたとき

他人にもあると理解できて、自然と涙が出てきたことがとても

印象深かったです。

・レッスンを行っていくうちに、自分を客観的に見られるようになり

イラついたとき、怒りを感じたときに、いったん立ち止るようになりました。

・ヨガをはじめて6,7年経った今、ヨガ哲学を学べたことは

私にとってとても良いタイミングだったと思います。

ヨガはエクササイズではないな。と感じ始めていたからこそ、

教えが”ストン”と自分の中に落ちてきました。

・ヨガ哲学=生きやすくなる教えという感じがしました。

(40代女性)

 

この方は長くグループレッスンに通っていただいている方なのですが、

ヨガに参加する理由も最初は

「自分で決めたからには行かなきゃ」だったものが

「週1回行って身体をリセットしたい。ぎゅーっと縮こまる身体を開きたい、伸ばしたい」に変化し、

そして現在は

「1週間で心に溜まるモヤモヤをクリアにするため、頭を休めるため、心をリセットするために必要な時間」になってきているとおっしゃっていました。

 

 

私は、

ヨガ哲学の智慧を学ぶのは、ヨガ全体の1%くらいでいいと思ってます。

あとの99%はヨガの実践あるのみです。

実践にはマットの上だけでなく、日常をヨガ的に生きる実践も含まれます。

 

ここは大事なところですが、

1%でも

「人生をどう考えて、どの方向にむかっていけば自分は幸せになれるのか?」

この指針がわかっていれば、

あとは実践あるのみで、幸せの道を進んでいけます。

幸せから大きく外れることはありません。

 

 

ですが、この1%がなければ、

迷いまくるし、どこにもたどり着けないということもあり得るわけです。

 

カーナビで目的地を入れないと、どこにも行けないように

幸せに生きる指針を知らなければ、

どこにも行けないかもしれません。

 

私もヨガ哲学の指針に従って生きるようになってからは

何が自分の幸せにつながるのか?

ここを外さないようになってきたので

ブレなくなりました。(いや、ブレても早めに戻れるようになった。です。)

自分軸が出来上がってきたかな?と感じています。

 

ヨガ哲学も、1%くらいの学びなら、そんなにしんどくないと思います。

というか、難しい話は一切しませんので、しんどくないです!!

日常に使える話です。

ご興味ある方は是非体験レッスンからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

イライラ解消には自分の感情を味わうことが必要です

ヨガ哲学のレッスンを受講中の方から

・イライラすることが少なくなった。

・不安になってもすぐに戻れるようになった。

日常での変化を感じている嬉しいご感想をたくさんいただいています。

 

イライラする自分、不安から抜け出せない自分を何とかしたい

解決したいと思い悩んで

ヨガ哲学レッスンを受けられている方が

たった2か月ほどで変化を感じていらっしゃいます。

 

「人は変えられない。変えられるのは自分の思考癖のみ。」

 

この言葉を皆さんに(自分にも!)いつも伝えていますが、

自分の思考癖が変われば、あっという間に自分の言動が変わり

そして人とのコミュニケーションが変わっていきます。

 

 

目の前の人を変えようと頑張っても

絶対にいいように物事は解決しません。

それって、

「自分は正しくて相手は間違っている」という立ち位置に立っています。

 

「本当にそうなのか?」

「私は正しくて、相手は間違っているというのは客観的な事実なのか?

それとも私の解釈なのか?」

「相手の言動に対して自分はなぜイラつくのか?」

 

こういった問いを自分に立てていくことで

 

自分の感情に気づき
(だいたい私は寂しいとか悲しいとかうらやましいとか・・・そんな感じです)

思考癖に気づけたとき

「あー、すべて私の解釈の問題。私の頭の中だけのことだった!」

と納得がいきます。

 

 

ぜひ、今度イライラしたときには

「私は正しくて、相手は間違っているというのは客観的な事実なのか?

それとも私の解釈なのか?」

「相手の言動に対して自分はなぜイラつくのか?」

 

この問いを自分に向けてみてください!

 

 

 

 

 

 

【ヨガ哲学ご感想】内側の世界は見れば見るほど広がる

昨日は、3か月継続のヨガ哲学レッスン最終日でした。

お仕事、育児とものすごく忙しい方なのですが、

3か月のレッスンを終えるころには

日常をヨガ的に生きていくための

肝の部分がちゃんと本人の中に定着されました!

ヨガ哲学レッスンを終えてのご感想をご紹介します。

「気づくことで、世界は広がるということをレッスンで教えていただきました。

自分が気づかなかった世界は、

外側だけでなく、

自分の内側にもあって

内側は見れば見るほど広がるし、

自分の未来も広げてくれるワクワクするものだと思いました。

安田先生のお話はどんな日常(仕事での事例)でもぴたりとあてはまっていて

いつも目からうろこで面白かったです。

ヨガの考えを日常に活かすと、

家庭生活でも仕事の場でも、もっと満足できる自分になれそうです!」

エゴの自分以外にも自分がいる。

そっちの自分が本当の自分だよ。

ということを理解出来たら、

自分という認識が変わります。

そして行動が変わります。世界を見る目が変わります。

ヨガ哲学レッスンは、決して知識の詰め込みではなくて

本当の自分というものを理解し腑に落とし

エゴの自分の思考癖を修正し

蓋をしてきたマイナス感情(怒り、悲しみなど)を感じ

自分を最大限幸せにしていく実践セラピーです。

学びが終わった後も

「他人が認める私」ではなく

「自分が喜ぶ私」を選択していけます。

ご興味ある方はまずはメール講座からどうぞ。

そして昨日はお寺で朝ヨガでした。

男性5名、女性6名のご参加でした。

ヨガは、自分の内側を観察することで、頭のおしゃべりを止める時間です。

頭のおしゃべりが止まれば、

そこにさっきまであったはずの過去の後悔や将来の不安は存在しません。

「静寂さは、自分の頭の中から」です!

いくらお寺が静かだからといって

自分の頭の中が騒がしいようなら

静寂さは感じられません。

次回お寺朝ヨガは、3月24日(日)9時~10時です。

こんな方におススメです!

□頭のおしゃべりをとめたい人

□ストレス、疲れをとりたい人

□自分の心身は責任をもって自分で癒したい人

年齢問わずご参加いただけます。

男性の方もお待ちしております。


無知から脱出しませんか?

今日から新たにヨガ哲学3か月継続コースの方のレッスンがスタートしました。

先日体験レッスン受講された際のご感想をいただきましたのでご紹介します。

「これまでも本などから少しずつ、「魂」や「本質の自分」が大事で

足りない前提からの思考や行動が生きづらさにつながっていることを

知識としては知り始めていましたが、

深いところに落とし込めずにいました。

今日の体験レッスンを受けて、それができるようになるかも!

それができるようになったらこれからの人生、

どんな風にいきていけるんだろうとワクワクした気持ちになりました。」

(40代女性)

「魂」、「本質の自分」というものは、本当の自分です。

ですが、大半の人は

自分というのは

色々と考える思考だろうか?

あれこれ感じる感情や心だろうか?

などと勘違いしています。あるいは、そういったこと

「自分とは何なのか?」なんて考えずに生きています。

この勘違い状態や自分とは何かを知らないで生きていることを

ヨガ哲学では「無知」といいます。

本当の自分というのは

コロコロと変わる思考でもないし感情でもありません。(これは自分の一部分です。)

無知から脱出して、そこを腑に落としてしまえば

人生の拠り所は外側(他人、環境)にはなく

自分の内側にあるとわかります。

これが自分軸で生きるということです。

他人から認められることに浮かれたり、認められないことに沈んだりという

自分の幸せが他人任せという状態から脱出することができます。

つまり、自分に安心して生きることができます。

誰に認められなくても、自分は自分でいいのだという安心感。

魂の私は、そのままで完全なのだから。

そんな神聖な自分が私の真ん中にいるわけです。これが本当の自分。

思考や感情や色んなエゴに束縛された状態で

今はそんな神聖は自分がいるわけがないと思うかもしれませんが、

必ずいます。エゴの曇りで見えなくなっているだけです。

「私は今まで「無知」で生きていたのか」と気づくだけでも

人生のとらえ方ががらりと変わります。

無知から脱出して生きませんか?





日常にいかせるヨガ哲学を!

先日、海外からオンラインでヨガ哲学体験レッスンをご受講いただいた方から

改めてご感想と本講座へのお申し込みをいただきました。

「海外在住なので、オンラインで受講出来る講座を探していました。

なかなかヨガ哲学だけを学ぶことができるオンライン講座はなく、

やっとたどり着いたのが安田先生の講座でした。

私からの疑問に、一つ一つ丁寧かつ的を得た回答をして下さるので、

ヨガの真の目的をすんなり理解することができました。

難しい言葉で解説される先生はたくさんいらっしゃいますが、

安田先生はきちんと理解されているからこそ、

一般の人にも噛み砕いて説明することが出来る方なのだと感じました。

それでは、また改めてご連絡させて頂きます。」

とってもありがたいご感想をいただき嬉しい限りです!

難しい言葉で解説される先生はたくさんいらっしゃるし、そういった本も結構あります。

ですが、

その難解なヨガ哲学、日常で生かせるのか??

そこが抜け落ちていると、ただ学んだだけになってしまいます。

私は、

ヨガ哲学は「日常」に生かしてこそ意味があると思っています。

ヨガ哲学という幸せに生きるための思想のベースをもってもらうことで

これからの人生を

徹底的に自分を幸せにするという道を歩いてほしい。

自分という存在をもっと大事に扱って、人と比べない人生を歩いてほしい。

と願っています。

そのためにレッスンでは、

1、ヨガ哲学を伝え、

2、その哲学を身体で体得するためにマインドフルネスなヨガの実践を行い、

3、自分を掘り下げ思考癖を見直すコーチング的ワークも行っていきます。


ご興味ある方はまずは無料ヨガ哲学メール講座にご登録くださいね!

http://eepurl.com/dzL21z

【ご感想】とても深く心の静まりを感じた

今日は「ヨガ哲学体験レッスン」にお越しいただいた方のご感想を紹介します。

ヨガ哲学メール講座を作ってからは

メール講座を受講されて⇒体験レッスンという流れになっております。

なので、皆さん体験レッスンに来られるときには少し下地ができております。

それでも文字を読んだだけでは、100%理解できないところがあるのも事実。

体験レッスンでは、メール講座の内容をより詳しくお伝えし、

またそれぞれの方のお悩みを伺いながら自分の人生にヨガ哲学をどう使っていくかまでをお伝えします。


—————————————————-

【ヨガ哲学体験レッスンを受けての感想】

「今まで見ないようにしていた感情や
蓋をしていた気持ちに向き合っていなかった自分に
気づくことができました。

思考によって振り回されることなく
自分を認めることを意識できるように
ヨガを実践できる場所が私には必要なんだということも。
哲学と聞くと難しく考えてしまいますが
今日の話はとてもシンプルでわかりやすく言葉にしてもらい
心に落とせた感じです。
自分の心(意識)によって幸せに生きられるその魂を信じられそうです。

ヨガ哲学を体験した後の呼吸の実践は、とても深く心の静まりを強く感じることができました。」(女性・40代)

———————————————-

毎回哲学レッスンの時は、しゃべりすぎて実践の時間がものすごく短くなってしまいます。。。

それでも、たった10分の呼吸の実践であっても

意識が変わるだけで

自分の本質とつながる瞑想的な呼吸ができるようになります。

 

ご興味ある方は

まずは無料の7日間のヨガ哲学メール講座を読んでください。

そのご体験レッスン⇒本講座を受けていただくと、より収穫の多いレッスン時間となります。

 

 

メール講座は、登録いただければ、毎日1通ずつメールが届きます。

3分で読めるボリュームなので、無理なく学ぶことができます。

私の個人的な体験談なども盛り込んでおります(^^)

是非、ご登録いただければと思います!

またメール講座に登録いただいた方は、

ヨガ哲学体験レッスンが特別料金となります。

ご登録はこちらのページよりお願いします!

↓↓
http://beingyoga2009.namaste.jp/tetsugaku

思考が変わると人生が変わる

先週は、10月からヨガ哲学継続講座を受講いただいていた3名の方が

次々に修了となりました。

正直終わると、寂しいですね。。。

 

1人1人の目の前の課題や悩みはそれぞれでしたが

まず、ぐーんと抽象度を上げて

自分って何なのか?・人生とは?・本当の幸せとは?といったことを

ヨガ哲学でインストール。

そこから

もう一回抽象度を下げて

目の前の課題や悩みに落とし込み、

「じゃあ私のこの問題はどう考えるのか?」

と自分で問いを立てて答えを導く。

これを継続して続けること3か月。(2か月の方もいます。)

 

外側からは見えない「思考」。

これが変わると

今までとは違う選択肢を選ぶことができます。

すると目の前の現実が変わります。

 

「あの人が変わればいいのに。」

「私はこれでいいけれど、あの子さえ変われば・・・。」

と思っている限り、何も変わりません。

あるいは、無理やりに人や自分以外の外側を変えようとすれば

なおさら事態は悪化します。

 

人生でコントロールできるのは、「自分の思考」です。

 

私の思考を変えることができれば

他人も環境も何も変えなくても

悩みも課題も自分で解決できるようになります。

 

今は見えていない、別の道(思考ルート)を見えるようにしてくれるのが

ヨガ哲学。

 

ヨガ哲学をインストールするのは、

日常の悩みを自分で解決する力をつけるため。

そして

新しいヨガの知恵を入れて、わかった!!満足した!!

というところで終わらずに

必ず自分ごとに落とし込んで

自分を掘っていく作業が必要になります。

そこまでやってはじめて、「日常で使えるヨガ哲学」になります。

 

ヨガ哲学レッスンのゴールは、

「自分を信頼し、どんな人生の問題も解決できる自分になる」

です。

 

そうやって

ヨガ哲学レッスンを受けた人が

一人一人と

自分が幸せになる道を歩き出し、

その周りの人にもいい影響を与えていく。

その波を

ゆるやかに

でも着実に広げていきたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

3か月継続レッスンを修了された方のご感想です。

「最初にたてた目標(父を許す、自信を持つ)が達成できたと思います。

「私はダメだ」となんとなく思うこともありますが

そんな自分を冷静に見つめたり、とりあえず掃除したり

瞑想したりするようになりました。

自分はダメだから変わりたいと考えていましたが、

最近はどうなりたいのか?と視点が変わった気がします。

冷静に見つめるもう一人の自分が現れたと思います。

そしてヨガの目的は「心の働きを死滅させるもの」だから、

カタチにこだわらなくなりました。

レッスンを受けてよかったです。ありがとうございました。」

(30代・女性)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分が喜ぶ人生をつくる ヨガ哲学7日間メール講座

日常で使えるヨガ哲学の智慧がメールで学べます!!

【ご感想】ヨガと「ヨガ哲学」が結びついた

〇ヨガ哲学体験レッスン受講された方のご感想です。

———————————————–

「哲学」のイメージが「なんだかわからないけど難しそう」だったけど

レッスンを受けてみると

今までのヨガ時間で

・行ってきたこと

・聞いてきたことが、全て結びつく感じがした。

 

普段ヨガが終わった後は頭の中がクリアになり

心が穏やかになるが

家に帰って日常に戻るといつの間にかイライラしたり

「エゴの自分」に振り回されている感じがあったけど

ヨガ哲学の話を聞いた後、

少し呼吸をしただけで

いつもと少し違った感じの頭のクリア感があり

そのスッキリした穏やかな感覚が長く続いた。(40代女性)


この方は、ヨガ教室をスタートさせた頃からの常連さんです。

ヨガ哲学体験レッスンを受けた当日だけではなく、

その後も

イライラしている自分を

客観的にみれて

穏やかさが続いているとおっしゃっていました。

 

 

毎日、イライラして自分の機嫌が悪い。

 

よくあることではあるけれど

ひとりひとりが自分の機嫌を自分で整える術をもっていたら

あっという間に幸せな世界になると思います。

ヨガ哲学を知ると、そのやり方が身に付きます。

 

今月のヨガ哲学体験レッスンはあと一回。

12月22日(土)13時30分~です。

詳しくはこちら