1分でできる!緊張から解放される子供のポーズ

ヨガのポーズの中で

ゆるゆるに脱力できるもののひとつが、子供のポーズです。

名前のとおり、

子供はこの姿勢で(手は身体の横に下げてる場合も)寝てることがあります。

 

・顔が下向き

・お腹を隠す姿勢

・どこにも力をいれなくてよい

この3つがあると、人は安心して自分に落ち着くことができるんですよ。

【1分でできる!緊張から解放されるポーズ/子供のポーズ】

※画像では、膝を大きく開いていますが、

これは閉じてやっても大丈夫です。

1.四つん這いになる。

2.息を吐きながら、お尻をかかとに落として全身脱力する。

3.そのまま呼吸を続けていきます。

 

一気に全身脱力はできないと思うので、

一息吐くごとに、

肩がゆるむ、背中がゆるむ、腰がゆるむ、、、と部位を分けながら、

ゆるめていくとよいです。

 

 

同じように

前屈のポーズも

顔が下向き、おなかを隠す姿勢になるので

痛みに耐えてがんばりすぎなければ、、、ですが

とても落ち着きが取り戻せるポーズです。

 

不安が強い時、緊張が取れない時

子供のポーズや前屈のポーズで

ゆったりと安全な自分の世界に入り込み

自分を取り戻してみてください。

 

 

 

抱き枕というものがありますが、

あれも枕を抱きしめることで、とっても安心するわけですが、

身体が安心の状態になるためには、

お腹をあけっぴろげにしないということは結構重要です。

もし、仰向けで寝るのが苦痛だという方は

お腹の上に【重さ】を乗せてみるといいです。

Being yogaのレッスンでは、

仰向けでお休みするシャバーサナでは

1キロの重りをお腹の上に乗せるか

あるいは温めた400グラム程度の米ぬかカイロをお腹に乗せることで

安心してくつろぎの時間を過ごしていただいています。

バスタオル一枚くらいでもいいかもしれません。

ぜひ、一度実験してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です