学びの時間-ヨガ編-

先週、久しぶりにホルトヨガの尚子先生のレッスンを受けました。

ホルト金沢は昨年からスタジオがなくなったので、

なんと先生が私のヨガサロンまで来てくださりレッスンを行ってくれました。

今回のレッスンは3時間中、一度もポーズはとらず

ずっと座学だったのですが

 

私にとってのヨガとは何なのか?

 

この答えが、今までは輪郭がぼんやりとしていて、

うまく説明できなかったのですが

今回の学びでクッキリとした輪郭が見えてきました。

 

私にとってのヨガは

「エゴのこだわりから解放されて

 受け入れる、流れにのってみる、とりあえずやってみる」

この状態の自分に戻るためのもの。

 

思考で考えだすもっともらしい答え、

世間的にはこれが正解だろうなという答え

じゃなくて

「ああこれだ!」

「誰が何と言おうと自分がやりたいからやる!」

と内側から湧いてくる本音をもっと信頼して生きたいなと思います。

 

 

・先の不安に襲われて、希望を見失うこと

・どうせ自分なんか・・・と自分を信頼しないこと

 

こういった幸せにつながらない思考パターンは捨てて

 

・自分を100%信頼すること

・人生は思い通りになること

 

こういった幸せにつながる思考パターンを入れていく。

 

 

この思考パターンの入れ替えを

【今までの自分】が抵抗せずに

サラッと思考パターンを更新できるように

 

・思考を止めること

・客観的に自分を観ること

・ジャッジしないこと

・バランスに戻ること

を淡々と練習するのが私のヨガです。

 

不安が頭から離れなくなったり、自分を信頼できていなかったりと

相変わらずな部分もまだまだありますが、

少しずつ思考も変わってきているところも実感しています。

 

 

赤ちゃんのときは

幸せに生きていくための思考パターンはみんな持っていたはずなのです。

それが、

だんだんと成長する過程で

親に嫌われたくない

先生によく思われたい

世の中の常識に縛られる

なんてことを繰り返しているうち

違う思考パターンが上書きされていってしまっています。

 

もう一度、

最初の「幸せにつながる思考パターン」へと戻る作業を行うことで

自分らしい幸せな人生が送れるようになります。

 

この作業をやるのに、

私の場合はヨガの実践とヨガ哲学を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です