目標を達成しても幸せになれない

振り返ってみると、

将来のことを考えて、

今これをやっておけば将来が安全・安心だ。

という思いから、行動していた時は

それほど幸せを感じてはなかったと思います。

 

最近、

「目の前のことに100%力を注ぐことが、一番幸せを感じる」

このことを実感しています。

先のことはどうなるかわからないけれど、

どうなるかわからない将来においても、どんな自分でありたいか?

【自分のあり方】だけをイメージできたら

あとは目の前のことに100%で取り組む。

いつだって「今」。

幸せとは、今を生きること=マインドフルネス。

 

ようやくこのマインドフルネスが

ヨガの時だけじゃなくて、

日常においても使えるようになってきました。(まだまだ練習中ですが!)

 

自分の在り方さえ

いつでもイメージできるようにしておいたら

 

「目標を立てて、そこに向かって必死にがんばること。」

いらないんじゃないか??

と最近思っています。

 

自分の人生を信頼して、

目の前のことに100%で向き合っていけば

それで十分幸せを感じられます。

 

私の場合

ヨガサロンの運営で

目標を立ててやっていた時

その目標を達成したときもあまり幸せを感じなかったし、

内側も穏やかには過ごせていなかったと思います。

むしろ、一喜一憂して疲れていましたね。

 

まあ、これもやってみないことには

気づけないことなので、いい経験にはなっています。

もしかしたら、目標に向かって必死に頑張ってみるという経験も一度は

必要なのかもしれません。

 

 

今は、

目標を立てて、それをクリアするためにガツガツしなくても

自分の在り方のビジョンが明確になっていたら

あとは自分の人生を信頼して

目の前のことに全力で向き合うこと。

これをやっていれば、

疲れないし、幸せを感じやすいし、やりがいも感じる。

ということが実感できています。

 

「~ねばならない。」

でがんばっていた自分は

誰から強制されたわけでもなく

自分で決めた「~ねばならない。」に束縛されていただけ。

 

幸せに生きるためには

「~ねばならない。」このいらない信念を外す作業が

大人になった私たちには一番重要です。

そのためには「自分」の感情や思考、自分の内側に向き合うことが必要になります。

———————————————————

下記フォームに姓(苗字)とEメールアドレスの入力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です