どんな心でヨガするか?が一番大事です

「ここの空間にいるだけで呼吸が深まります」

「こんな心地のよさは初めての感覚です」

「心身が緩んで、何とも言えない至福感に包まれます」

こういったご感想をヨガのレッスン後によくいただきます。

 

私が一番こだわっているのは、

「身体の硬い人・初めて参加される方・身体に痛みのある方でも、

卑屈にならずに、安心の中でくつろぎながらヨガ時間を過ごしてもらうこと」

です。

 

ヨガのポーズは、本来は内側から勝手に出てくるムーブメントです。

思考が完全に止まっている状態なら

ヨガはダンスのように自由になっていきます。

 

ですが、私たちは思考優位で生きていることが圧倒的に多いので

「自由に動いて!」と言われても思考がSTOPをかけたり、

どう動いていいかわからなくなります。

なので、あらかじめ決まったポーズがあるほうが

ストレスなく身体を動かせるわけですが、

本来ポーズは

【内側から勝手に湧いてくるムーブメントである。】

 

と理解しておけば、

ポーズを修正されたりする必要もなく

身体が硬いなら硬いなりに、自由に動けばいいのです。

 

 

また数年前にはじめてレッスンに参加された生徒さんから

「できないポーズはお休みしていて大丈夫ですよ。と

今まで色んなヨガレッスンで言われてきましたが、

それはそれで置いてきぼりを感じで寂しかったんです。

でもここのレッスンでは、

すべてのポーズを私の身体にあわせて無理なくできたので、

とても安心感を感じたし、

何より置いてきぼりを感じなかったのが嬉しかったです。」

と言われたことがありました。

 

あるいはフィットネスのヨガクラスに初参加してこられた方から

「二度とあんなハードなヨガクラスには参加しない!」

と伺ったこともあります。

 

「出来ないポーズは無理せずにお休みしてくださいね。」

と先生は言われます。

もちろんそうなんですが、

それで100%納得できないのも事実です。

 

「この私でもすべてのポーズに参加したい。」

 

この思いは無視することはできないと思います。

 

 

見本通りにポーズがとれることがすごいのではありません。

もっと自由に

自分を否定せずにヨガ時間を味わってほしいなと思います。

それが自分を大事にするということであり、大切なことです。

 

 

そのために私は

レッスンをするにあたって

毎回自分に確認していることがあります。

それは

「目の前の生徒さんは、ご自分の心身を癒す力はちゃんと自分で持っている」

「私が何とかしてあげようというエゴは一切手放す」

この2つです。

 

目の前の膝が痛い人は、

自分でその痛みを癒す力を持っています。

決して私が何とかしてあげるわけではない。

ただ、膝の緊張が(全身の緊張)がとれるように

「あなたは自分を自分を癒すことができますよ。」という心で

全てのリードを行っています。

 

ヨガは自分で自分を癒すセラピーです。

皆さんの中にも必ず、癒す力は眠っています。

今度、ヨガされるときは

「私は私自身を癒す力を持っている」という心で

ヨガ時間を過ごしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です