奇跡的な回復に必要なこと

・痛みがなくなる

・症状が消える

・奇跡的な回復

 

こういったことは、まず前提として

自分の治癒力、身体の神秘を信頼することが必要となります。

 

信頼するとは、

「私の強い思いで身体を治す!!」

と自力でがんばるのではなくて

「身体の治癒力を絶対的に信じること」

自分の身体への絶対的信頼感をもつ姿勢が必要になります。

 

ヨガのポーズでいうと

前屈ポーズをとるときに

呼吸を無視して力任せで一気に前屈しようと頑張るのは

「私が前屈をやる!」

とがんばって身体を信頼していないやり方です。

 

そうではなくて

吐く息ごとに少しずつピーンと張っている膝の裏や太ももの裏が

ゆるんでいくとイメージしながら呼吸を続ける。

そして前屈が深まっていくのを、見守るのです。

 

がんばるのではなくて

身体に委ねる感覚です。

 

私ができることは、呼吸を続けることと余計な力を抜くこと。

そして、ただ前屈している自分をやさしくみてあげること。

 

【私】と【身体】との関係。

【私】が【身体】をなんとかしてやろう。

だと

身体を信頼していないから、あまり治癒力は働きません。

【私】が【身体】を信頼しよう。

身体が元の状態に戻る力は

私の身体には当然備わっている。

と身体を信頼すれば

その通りの結果になります。

 

どのような思いがあるかで結果は変わります。

痛みのある腰や膝を

「自分がこの腰を治す!」

で動かすのではなくて

「自分が身体の治癒力を信頼する。」

この前提で痛みが変わるかもしれません。

 

こういった知恵が

自分の心身と向き合うヨガの時間を過ごすことで

内側からやってきて、すっと腑に落ちます。

 

身体は知恵の宝庫と言われています。

その知恵をいただくには

身体と向き合うことが必須です。

自分の外側には答えはなく、内側に向けばちゃんと答えはやってきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です