ありのままで生きましょうと伝えられるヨガ哲学

自分に厳しい人。

がとても多いのですが、

ヨガ哲学7日間無料メール講座を読んでいただいた方から

タイムリーなご感想メールをいただきました。

 

ご感想メールはこちら↓↓

『周囲には、ありのままの自分を認めず、がんばりまくる方々がたくさんいらっしゃいます。

「そのままでいいよ」と人には言ってあげられるけれど、

自分には厳しい人が多い気がします。

かつての自分もそうでした。

自分の努力が足りないと自分を責めたり、自分を過小評価するのが良いという風潮さえ感じます。

そうしていて、努力しない(と一方的に感じた)人に腹を立てたり、責めたり、ジャッジしたり。。。

なので、ヨガ哲学はそういうことをやめて

ありのままの自分で生きましょうよ、と伝えられる素晴らしい教えですね。

がんばるママ友や、子供たちにも、

こういうことを私も伝えていけたらいいなと思います。』

 

 

自分に厳しい人は、

【自分の理想像】が高すぎるのかもしれません。

あるいは、

【自分の理想像】と【現実の自分の姿】

との大きな差をみて

そこに罪悪感をもってしまっている場合も多いです。

 

ですが、今現在、存在している私は誰なのか?

本当の自分はどっちなのか?

といえば

【現実の自分】なわけです。

理想像はあくまで、そうなりたいという理想像であって

今の自分ではありません。

周りの人だって、

【現実のあなた】をみて

よくやっている、そのままでいいよ。と言ってくれているのに。

 

自分だけが、

まだだめだ!と思っているというわけです。

だれもあなたをダメだと責めていません。

自分の頭の中だけです!!

 

このダメ出しが、何につながるかというと

自分への信頼を崩すことになります。

 

 

ヨガ哲学は自分らしく生きるために

大事なことを教えてくれます。

知っていたら、力を抜いて楽に生きられます!!

ヨガ哲学レッスン(対面・オンライン)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です