治癒力の発動に必要なこと

現在、プライベートヨガセラピーに定期的に通われて

膝の痛みがだんだんとなくなってきた方がいらっしゃいます。

プライベートヨガセラピーでは、

身体的な動きや

ストレッチも行いますが、

まず、

「どういう意識で

膝と向き合うか?」

ここをまず丁寧にお伝えして

 

膝の痛みは

自分のこれまでの姿勢、

身体の使い方や癖の結果と

認めてもらった上で、

痛みのある膝を

慈しみの気持ちでケアしていく。

ということを続けています。

 

自分の膝だからこそ

1番大切な人の身体をケアする気持ちが必要なのです。

その気持ちで身体のケアをしていると

 

「元の良い状態に戻る」

という

自分の治癒力を100%信じられるようになっていきます。

 

そうやって

痛みをきっかけに

自分と身体との関係性を

より親密にしていけば

どんどん自分の本性に近づいていけますし、

自分の身体に責任が持てるようになり

「私の身体は私が1番知っている」と自信もついてきます。

 

痛みは一時的には嫌なものですが、

視点を変えてみれば

身体との関係性をよりよくする機会と言えます。

 

身体は知恵の宝庫です。

痛みはそのサインです。

無視せずに

聴いてみること。

自分の内側に答えはあります。

思考で考えるのではなく

身体からの感じることが大事です。

 

膝のストレッチは何をやったらいいのか?

より

どういう意識で膝と向き合うか?

の方がとても重要なことです。

 

身体は可塑性があるので、

ちゃんと治ります。

自分の身体と向き合うことでそのスイッチがオンになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です