子供の宿題にイライラしないためには

春休みももうすぐ終わりますね。

最近、ヨガ哲学レッスンやヨガレッスンで伺う一番多いお悩みが

「子供が宿題をやらないことにイライラしてしまう」

「だらだらしている生活態度が気になる」

といった感じで、ご自身のお悩みというより

お子さんのことでイライラする、ぶつかる、何とかしたいと思われている方が結構いらっしゃいます。

 

ヨガ哲学の視点からのアドバイスできるとすれば

以下の3点です。

1.子育てのゴールは子供の自立。これを常に忘れないこと。

2.わが子も「本質の自分」を持った存在だと信頼の目で見守る。

3.人は変えられない(わが子であってもです!)

 

まず、宿題をやるやらない、あるいは忘れ物をしてしまうなどということは、

子供が自立していく上で

自分で解決能力をつけていくために必要なことだと思います。

「宿題をやらないとどうなるのか?」

「忘れ物をしてしまったらどうなるのか?」(←我が家の事例は記事の最後に書いてます。)

あるいは、

「忘れた時はどうすればよいのか?」

こういった一つ一つを体験することで、対応能力もついていきます。

それを親が宿題を完成させるところまで付き添ったり

忘れ物をしないようにチェックする、忘れ物を届ける

などをやってしまうと

せっかくの学びの機会を摘み取ってしまうことになります。

子供に転ばぬ先の杖は要りません。

転んで学べばそれでよしです。

 

子育てのゴールは「子供の自立」です。

 

「先生や周りのお母さんたちから、良いお母さんと思われたい」

「子供に好かれたい」

 

こんな気持ちに引っ張られて、

子供のことに手を出し、口を出しということが止められなくなっていませんか?

 

あるいは

手出し、口出しをしてしまうということは

そのままの子供を信頼できていない。ということかもしれません。

「私がしっかりと管理してあげないと、この子は・・・。」

「このままいくと、この子の将来が不安・・・。」

という気持ち。

子供はか弱い存在、まだ不完全だ。と思っているかもしれませんが、

そんなことはありません。

誰の中にも「本質の自分」というそのままで完全な存在がいます。

今はただ、エゴ丸出しかもしれない。

それでも、そのままの子供を信頼すること。

それが親の役目ですね。

 

また、これは対人関係をよくするうえでの黄金のルールでもありますが、

「人は変えられない」ということです。

たとえ我が子であってもです!!

子供の問題は、その子自信が解決する力をちゃんと持っています。

それを親が解決しようと手助けするのは、おせっかいというもの。

 

信頼の目で見守るだけで十分です。

 

子供のことにイライラして、ぶつかってしまう、。

その子供さんに向けていた時間やエネルギーを是非、

ご自分のやりたいことを見つける、

やりたいことをやるということに向けてみませんか?

 

自分を幸せにすることに一生懸命なお母さんを見ていたら

きっとお子さんも

変わってくると思います。

 

人は変えられませんが

自分が変わることで

周りに良い影響は与えられます。

 

私も子育て中なので、まだまだイライラすることもあり、口出しすることもありますが

そのたびごとに「子育てのゴールは自立」「信頼の目で見守る」ということを

再度確認しながら、

できるだけ子供の問題には手出しをしない自分を育てています。

 

冷たいかなぁ。。。と思うこともあるのですが

子供は私の所有物ではありません。

今はありがたいことに、一緒にいられる時期なだけで

いつかは自立して巣立っていきます。

私の思い通りに育ってくれたらというのは、エゴですね。

 

1番下の小1の男児は、一度忘れ物をしてからは

「全教科の教科書を毎日持っていく。」

というアイデアを自分で考えて実行してます。

重すぎるランドセルよりも

忘れ物をしない。

が今は優先なのだと思います。

今後、どうなっていくか口出しせずに見守りたいと思います。

 

 

 

1人目出産後の話&プレパス協賛店登録しました!

私は一人目を産んだ後、心身共にとてもつらかったのですが

その時はまだヨガと出会っていませんでした。

なので、それが自分の内側のせいだとは思わずに

「ホルモンのせいだし、仕方ない。運が悪かった。」と思い込んでいました。

ですが、今思えば、

あの当時は、圧倒的な寝不足と

どうしたらよいのかわからない不安と

その不安は人には見せれない強がった自分と

一人で責任を抱え込まなければという傲慢さと

ちゃんとやれる自分でいなければという見栄と・・・

(今はいっぱい気づける自分の内側の問題の)色々な掛け算で、

体も心も緊張でガチガチだったんだろうなと思います。

 

結局は全部、それまでの自分の生き方が出ただけで

そのままの私のままだと子育てはできないよと伝えてくれていたわけです。

 

産後ママの直面する問題は、

身体の不調、心の不調、夫婦問題、お子さんの問題・・・と様々だと思います。

その方にしか起こらない問題が、浮き彫りになりやすい時です。

子供を産み、育てるということは、

自分の見たくない部分と向き合わざる得ない時期なのかもしれません。

自分と母親との関係も見直す時期です。

ちなみに私は30過ぎてようやく

母親の期待する生き方をしなければという思い込みがあった自分

母親に承認されたいという気持ちが強すぎた自分にも気づけました。

 

そんなこんなで、大変な時期に何か自分の拠り所となるものがあることは

とても気持ちを安定させてくれます。

あるいは、みたくない自分と向き合う覚悟も出来てきます。

ヨガは、一生涯自分の拠り所となるものです。

「身体を動かしてリフレッシュしたい。」

「産後の体形を何とかしたい。」

という気持ちで来られてももちろんいいのですが、

それだけではない心の安定剤にもなります!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お知らせ】

石川県の子育て応援企画といえば「プレミアムパスポート」(プレパス)。

当ヨガサロンも協賛店登録しました!!

特典は、「初回レッスン500円OFFで利用」となります。

お子さん2人、3人の世帯どちらも適用です!!

https://www.i-oyacomi.net/prepass/

※能美市のみにこで親子ヨガをされている「みんなのyoga」(あおい先生)と並んで掲載されています!!(^^)/

今年はあおい先生と一緒にヨガを通じて

能美市の子育て環境をさらに良くするための企画をやろう!と現在、動き出しています。

私のつらかった産後の経験も

これからの誰かの勇気につながると思うと、とても有難い経験だと思えますね(^^)

大雨の中、普通に石川に帰ってきた

「思った通りになる。」

というのは言葉どおり、

自分が頭の中で考えように

現実がなっていくということ。

 

今回の大雨の始まりの頃、

うちの旦那は出張で大分にいました。

そして昨日は大阪から単身赴任先の三重へ。

今朝早くまで三重にいたのですが。。。

「週末は自宅に帰る!」

という気持ちがものすごい強い人。

雨がどうであれ、絶対に帰れるとも思っています。

 

「帰ってこれないかもしれないね〜。」

という家族の予想に反して

結局、

ふつうに今日のお昼にはバスで小松に到着していました。

 

「思いがあれば、その通りに現実は動く」

このことを改めて認識させられました。

 

私だったら、こんな状況だし、「早々に今週は戻れない。」

と決めて諦めていたと思います。

 

自分が何を望むか

より

どうするのが1番いいのか

 

で考えてます。

 

 

ですが、旦那は

「自分はこうする」と決めたことを成し遂げるために

周りに決して乱されず、

自分が望む結果を手に入れるためにはどうしたらいいのか

で判断していってます。

 

今まで、ただの運がよい人かと思ってましたが、

「思いが現実を作っている」ということを

やっていたのですね。

今更気づきました!!

 

素直に

見習おうっと。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

明日は誓立寺でお寺朝ヨガです!

今日のネタにあがった、旦那も参加します。。。