どんな心でヨガするか?が一番大事です

「ここの空間にいるだけで呼吸が深まります」

「こんな心地のよさは初めての感覚です」

「心身が緩んで、何とも言えない至福感に包まれます」

こういったご感想をヨガのレッスン後によくいただきます。

 

私が一番こだわっているのは、

「身体の硬い人・初めて参加される方・身体に痛みのある方でも、

卑屈にならずに、安心の中でくつろぎながらヨガ時間を過ごしてもらうこと」

です。

 

ヨガのポーズは、本来は内側から勝手に出てくるムーブメントです。

思考が完全に止まっている状態なら

ヨガはダンスのように自由になっていきます。

 

ですが、私たちは思考優位で生きていることが圧倒的に多いので

「自由に動いて!」と言われても思考がSTOPをかけたり、

どう動いていいかわからなくなります。

なので、あらかじめ決まったポーズがあるほうが

ストレスなく身体を動かせるわけですが、

本来ポーズは

【内側から勝手に湧いてくるムーブメントである。】

 

と理解しておけば、

ポーズを修正されたりする必要もなく

身体が硬いなら硬いなりに、自由に動けばいいのです。

 

 

また数年前にはじめてレッスンに参加された生徒さんから

「できないポーズはお休みしていて大丈夫ですよ。と

今まで色んなヨガレッスンで言われてきましたが、

それはそれで置いてきぼりを感じで寂しかったんです。

でもここのレッスンでは、

すべてのポーズを私の身体にあわせて無理なくできたので、

とても安心感を感じたし、

何より置いてきぼりを感じなかったのが嬉しかったです。」

と言われたことがありました。

 

あるいはフィットネスのヨガクラスに初参加してこられた方から

「二度とあんなハードなヨガクラスには参加しない!」

と伺ったこともあります。

 

「出来ないポーズは無理せずにお休みしてくださいね。」

と先生は言われます。

もちろんそうなんですが、

それで100%納得できないのも事実です。

 

「この私でもすべてのポーズに参加したい。」

 

この思いは無視することはできないと思います。

 

 

見本通りにポーズがとれることがすごいのではありません。

もっと自由に

自分を否定せずにヨガ時間を味わってほしいなと思います。

それが自分を大事にするということであり、大切なことです。

 

 

そのために私は

レッスンをするにあたって

毎回自分に確認していることがあります。

それは

「目の前の生徒さんは、ご自分の心身を癒す力はちゃんと自分で持っている」

「私が何とかしてあげようというエゴは一切手放す」

この2つです。

 

目の前の膝が痛い人は、

自分でその痛みを癒す力を持っています。

決して私が何とかしてあげるわけではない。

ただ、膝の緊張が(全身の緊張)がとれるように

「あなたは自分を自分を癒すことができますよ。」という心で

全てのリードを行っています。

 

ヨガは自分で自分を癒すセラピーです。

皆さんの中にも必ず、癒す力は眠っています。

今度、ヨガされるときは

「私は私自身を癒す力を持っている」という心で

ヨガ時間を過ごしてみてくださいね!

目標を達成しても幸せになれない

振り返ってみると、

将来のことを考えて、

今これをやっておけば将来が安全・安心だ。

という思いから、行動していた時は

それほど幸せを感じてはなかったと思います。

 

最近、

「目の前のことに100%力を注ぐことが、一番幸せを感じる」

このことを実感しています。

先のことはどうなるかわからないけれど、

どうなるかわからない将来においても、どんな自分でありたいか?

【自分のあり方】だけをイメージできたら

あとは目の前のことに100%で取り組む。

いつだって「今」。

幸せとは、今を生きること=マインドフルネス。

 

ようやくこのマインドフルネスが

ヨガの時だけじゃなくて、

日常においても使えるようになってきました。(まだまだ練習中ですが!)

 

自分の在り方さえ

いつでもイメージできるようにしておいたら

 

「目標を立てて、そこに向かって必死にがんばること。」

いらないんじゃないか??

と最近思っています。

 

自分の人生を信頼して、

目の前のことに100%で向き合っていけば

それで十分幸せを感じられます。

 

私の場合

ヨガサロンの運営で

目標を立ててやっていた時

その目標を達成したときもあまり幸せを感じなかったし、

内側も穏やかには過ごせていなかったと思います。

むしろ、一喜一憂して疲れていましたね。

 

まあ、これもやってみないことには

気づけないことなので、いい経験にはなっています。

もしかしたら、目標に向かって必死に頑張ってみるという経験も一度は

必要なのかもしれません。

 

 

今は、

目標を立てて、それをクリアするためにガツガツしなくても

自分の在り方のビジョンが明確になっていたら

あとは自分の人生を信頼して

目の前のことに全力で向き合うこと。

これをやっていれば、

疲れないし、幸せを感じやすいし、やりがいも感じる。

ということが実感できています。

 

「~ねばならない。」

でがんばっていた自分は

誰から強制されたわけでもなく

自分で決めた「~ねばならない。」に束縛されていただけ。

 

幸せに生きるためには

「~ねばならない。」このいらない信念を外す作業が

大人になった私たちには一番重要です。

そのためには「自分」の感情や思考、自分の内側に向き合うことが必要になります。

———————————————————

下記フォームに姓(苗字)とEメールアドレスの入力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガ哲学・マインドフルネスヨガ・心のトレーニング3点セット

自分らしさ全開で

そして

幸せを感じながら生きるためには

環境や付き合う人を変える必要は何一つありません。

変えるのは、あなたの意識の向け方と思考グセだけです。

すべて自分の内側の問題

です。

 

 

ところで

「自分」って何だと思いますか?

この簡単そうで実は難しい問いの答え。

「自分」を間違って理解している

あるいは、わからないために

人生に迷う方がたくさんいらっしゃいます。

反対に言えば、

この「自分」がわかると

霧が晴れるように

あなたの人生の指針がみつかります。

 

 

私も「本当の自分」というものが理解できた時から

自分軸が定まりましたし、

エゴの自分にふりまわされなくなりました。

今でも全く不安がなくなったわけではなく、しょっちゅう捕まりますが

不安に捕らわれている自分に気づいたら、

「本当の自分」に戻る。という作業を淡々とできるようになりました。(←自分の中の作業です)

つまり、よりどころを自分の内側に見つけることができたということです。

自分以外の人・モノ・見えない存在をよりどころにするのは

依存につながる恐れがあります。

そしてそれは案外と不安定で

いい拠り所ではないかもしれません。

実は、ひとりひとり自分の内側に

安心できるよりどころがあります。

それが身体感覚をもって

感じること、理解することができると

何とも言えない安心感の中で生きていけるようになります。

 

 

1.自分というものの定義(原理原則)をヨガ哲学から学び

2.思考を止めて感覚で身体に落とし込むのがマインドフルネスヨガ

3.そして、これからのあなたが必要でない思考癖を外していくトレーニング

 

この3つを回すことで加速度をつけて

あなた全体が自分全開で生きられるように変わっていきます。

身体、脳、感情、思考、すべてを切り離して

ひとつずつケアすることをやりがちですが

ヨガは

すべてを切り離さずに全体として「自分」を扱っていきます。

 

生き方としてのヨガ(哲学、マインドフルネスヨガ)と心・思考のトレーニングにご興味ある方は

まずは無料のメール講座からどうぞ。