親の価値観を切り離すと幸せな人生が始まる

「どうやったら行動できるようになりますか?」とたまに聞かれますが、
行動を止めてしまう理由としては

1.準備がまだ足りないという思い込み
2.失敗が怖い

この2つが挙げられると思います。

1.に関しては
完璧に準備が整う日は永遠にやってこないので、
準備が5割できたら始めてしまい、動きながら微調整を入れていけばOKです。

「アウトプットすることが一番の学びとなる」
ということは知っていても、自分ごととなると躊躇される方も多いです。

「準備をちゃんとしてから動く。」というのは都合のよい言い訳でしかなく、
失敗したくない、人から責められたくない自分がいるからです。

「そんな自分もいるな。」と認めた上で、もう一度自分に
「アウトプットすることが一番の学びになる」と根気強く言ってあげてください。

2.に関しては
失敗したら最悪どういう状況になるのか?
失敗ってそもそも何なのか?
何をそんなに恐れているのか?
このあたりを自分に質問してみてください。

失敗の定義があいまいなだけで、なんとなく怖がっている自分がいるだけかもしれません。

 

子供の頃に
「自分がやりたくてはじめてことは途中で投げ出してはならない。」
という信念が根付いてしまった方は、
何かを新しく始める時にこの信念が発動します。
そうすると、
「一度始めたことは、途中で投げ出してはいけない。」と自分の信念で自分を束縛するので気軽に物ごとを始められません。

「もっと気楽にやってみればいいよ。」と友達からアドバイスされても
自分の中に「一度始めたことは、途中で投げ出してはいけない」という信念があるので、簡単には動けません。

子供の頃、習い事を途中でやめるのはダメな事だと思っていませんでしたか?
そんな方は大人になった今も
「一度始めたことは、途中で投げ出してはいけない。」
こんな信念が自分の中に残っている可能性大です。

そろそろ、その不要な信念は外しませんか?
やりたくなことをダラダラ続けることこそもったいないですよね。

「何か違うと気づいたら、いつでもやめてもいい」
「途中でやめてもいい。すぐにやめてもいい。」

自分にしっくりとくる新しいものをインストールすればいいのです。

幼少期から持っている信念のほとんどは、親の価値観です。
自分の価値観で生きるためには、親の価値観を切り離す必要があります。
そこからが本当の幸せな自分の人生になります。

言い訳しないで行動するには?

『自分のやりたいことをやりたい』
『自分のやりたいことはコレじゃないとわかった』

だけど、、、
ここから出てくる

「そうはいっても怖い」
「なかなか一歩踏み出せない」

こんなことありますよね。

私もかつては全然動けなかったです。
やりたいと思ってもすぐに言い訳を思いつき、自分を納得させていました。
そして人生は変わらないまま。満たされないまま。
ですがヨガ哲学で、あることがわかってからは人生が変わりました。

周りの環境、時代はいつだって無常です。流れが止まることはありません。
「コロナが収まったら。」
「子供が一人前になったら。」
「この悩みが解決したら。」
「痛みが消えたら。」

これはただの言い訳です。

自分がやると決めたら、その状況を創り出せます。

その時大事になるのは『自己信頼』です。
今の自分をどれだけ信頼して一歩踏み出せるか?

自己信頼なく一歩踏み出すのはギャンブルに近いもの。
自己信頼があって一歩踏み出すのは、自分で人生を創り出していくことです。

私はこの自分を信じる力を
ヨガ哲学の学びで得ることができました。

難しい努力もなく、頭の思考グセを変えるだけで自己信頼は可能です。

「信頼しうる自分とは何なのか?」
「そんな自分はいるのか?」
この≪自分≫というものをわかるだけで、信頼できる自分を思い出せます!
ヨガの悟りというのは「本当の自分をわかること」です。
ここさえわかってしまえば、人生が変わります。

まずはヨガ哲学コーチングメール講座からどうぞ。

ヨガ哲学コーチングメール講座登録

 

「自分の思いを伝えれるようになった!」ヨガ哲学コーチングご感想

今日は、先週3か月のヨガ哲学コーチングを終えた方のSさんの変化をお伝えします。

≪レッスン前≫
・言いたいことが言えない。
・自分の思いを溜め込む。
・満たされなさを感じていた。

≪レッスン後≫
・自分の考えを相手に伝えれるようになった。
・自分の思いで行動できるようになった。
・日々の充実感や幸せ感がアップした。

今では、職場でも言いたいことを言えるようになり、レッスンでよく使っていた「感情を相手に確認すること」も実践できるようになってきたとのこと。
レッスン2か月目あたりからは、私の質問がなくてもご自分でしっかりと自分の感情を掘り下げできるようになってきていました。

レッスン中の対話でも、自信がついてきた感じが伝わってきましたし、最初はご自身の仕事についてそれほど評価されていなかったのですが、最後のレッスンでは「とてもいい仕事をさせてもらえている。恵まれている。」と仕事への評価も激変されていました。

ご感想を紹介します!

=====ここから=====

今までどういう自分でありたいか、具体的には考えたことはなく、モヤモヤや自分に足りないものばかりを求めてどこにもたどり着けない、満たされなさを感じて過ごしてきました。

レッスンでは「いいも悪いも込みでOK」ということを知るところからはじまり、丸ごとの自分の感情をありのままに向き合い、言語化する練習を続けました。

感情と向き合うことは、子供の頃のフタをしていた思い出したくない部分にもめをむけることになり、つらく感じる部分もありましたが、そうやって感情を言語化することを続けるうちに、

相手の気持ちを汲んでしまって、自分の思いを溜め込んでいることに気がつきました。

感情を味わう(言語化する)ことで、自分の考え・想いを持ち、それを相手に伝えるという行動を少しずつですができるようになっていた自分がいました。

どこにも辿りつけなかった思いが、レッスンで先生と対話を重ねることで一本の糸のようにつながり伸びていく感じが心地よかったです。

「感情を味わう→自分の思いを持つ→行動に移す」ことにより、自分の中の日々の充実感や幸せ感がアップしました。

人生の折り返し地点で自分との向き合い方を具体的な方法で練習する機会がもてたこと、どうありたいかを見つけることができて感謝です。
(Sさん・女性・40代)

=====ここまで=====

ご感想ありがとうございました!

たった3か月でそんなに変わるの??と思われるかもしれません。
ですが、自分の内面と向き合って、思考グセに気づきそれを手放すことができたらに180度世界の見え方が変わります。

今、生きづらさを感じている方
まずはヨガ哲学コーチング無料メール講座からはじめませんか?

このままずっと耐える自分を生きていくのか?
それとも
自分の人生を望むように創造して生きていくのか?

1年後の今日も同じことで悩んでいるご自分を想像してみてください。

小さな一歩から始めてみませんか?

ヨガ哲学コーチング

頭の中の不安はどうやったら止めれますか?

頭の中の不安はどうやったら止めることが出来るでしょうか?

それは、
「不安を考えていることに気づく」
これでいったん止めることができます。

その時に大事なのが、自分をA+Bで考えることです。

A.不安や後悔を考える自分
B.それをコントロールできる自分

あなたの中にはA.Bの両方の自分がいます。

BがAを制御できているのが理想です。
ですが、
不安や後悔がいつも頭から離れない時は
Bの自分がAに振り回されているような状態です。

馬車で例えるならば

A.2頭の暴れ馬。
B.御者(ぎょしゃ。馬車を操縦する人)

理想は、御者が2頭の暴れ馬を上手く操縦できている状態ですね。

不安と後悔につかまっているときは、
2頭の暴れ馬(不安と後悔)に本質の自分が引っ張られてる状態です。

暴れ馬を上手くコントロールするためには
まず、不安と後悔のふたつが暴れていることに気づくことが必要です。
気づいたら、一瞬でも不安と後悔から解放されます。

不安を止めれない。
止め方がわからない。

という方は、

自分には
不安と後悔を考える自分もいるが、それを制御できる自分もいるのだ。
ということを知ってください。
ちゃんとコントロールできる自分がいます。
絶望の中でも、その存在を信じてみてください。

また、不安や後悔は、コントロールされる側のものなので、
野放しにしておくものではありません。
自分で責任を持ってコントロールするものなのだ。ということも認識しておくとよいですね。

自分の心と身体の健康は100%自己責任です

コロナの感染拡大で世の中が激変しましたね。
ここまできて
新しい生活様式にも慣れてきた人
新しい価値観で生きる人が増えてきたように思います。

一方で
元に戻ることを期待して
じっと耐えている人
古い価値観を離せない人もいます。

私たちは何のために生きているのか?

それは、幸せになるためです。
幸せを感じるためには、心と身体の健康が必要です。

 

自分の心と身体の健康は、自己責任です。

制限のある生活が続く時も
自分の心と身体の健康は、100%自己責任です!

・運動不足になっている方
・毎日が不安な方
・コミュニケーション不足でさみしい方
・心身の疲れを感じている方

待ちの姿勢では何も解決しません。
自分で動きましょう。
身体を動かすことで頭のおしゃべりは止まります。
人間は「動物」です。動く物。
動けば、気が流れます。元気がでます。

これから冬がやってきます。
北陸は天候が悪い日も続くので、冬季うつになる方もいらっしゃいます。

冬が来る前に。。。

心と身体に効くヨガを体験してみませんか?

11/8(日)『のみふるさとミュージアムへ行こう!』
というイベントが能美市であります。

その中で、無料ヨガ教室が体験できます。
性別問わずどなたでもご参加いただけますので、

・運動不足になっている方
・毎日が不安な方
・コミュニケーション不足でさみしい方
・心身の疲れを感じている方

こんな方は是非お待ちしております。

●応募方法

メールに以下の内容を記載し、能美市スポーツ振興課(sports1@city.nomi.lg.jp)までご応募ください。

参加者氏名、住所、電話番号、希望する時間

注:定員になり次第ご応募は締め切らせていただきます。ご了承ください。

詳しくはこちらへhttps://www.city.nomi.ishikawa.jp/www/contents/1603668204761/index.html

不安や恐れ、悩み方を間違っていませんか?

不安が襲ってくる、恐怖が頭から離れない、緊張状態からパニックになる、、、
こんな方は、
「問題を根本的に解決するにはどうしたいいか?」にエネルギーを向けてみてください。

「もうすでに十分に悩んでいる!」という気持ちかもしれませんが、
悩む方向性が間違っている可能性があります

いかに人前で恥をさらさないか、取り乱さないか、パニックがばれないか?
そこばかりにエネルギーを注いでしまっていませんか?

 

そのエネルギーが残念ながら状況を悪化させているかもしれません。

本当によくなりたいなら、
覚悟を決めることが大事です。

誰かが何とか解決してくれる、
周りが理解してくれると思う自分の甘さをバッサリと捨てて、
心の問題は自分の問題・自己責任であるということを理解すること。

自分のこの思考グセは、なぜついてしまったのか?
私以外の人はどんな視点で同じ状況をみるのか?
どれほど自分は凝り固まった頑なな思考グセなのか?

こういったことをはっきりと自分で納得できたとき、内側で変化が起きます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今日は生徒さんと話しの中で【自分の中の甘さ】の話になりました。
これまでは、痛みがあったら痛みを理由に逃げているだけだったと。
だけど最近は、痛みがあってもそれに過剰に振り回されず、そのまま受け止めて痛みがある身体でもやることはやるという姿勢になっている。とのことでした。

覚悟が決まれば思考も変わってきます。そして行動も変わってきますね!

ヨガ哲学コーチングでは、
自分の思考グセをみて、自分の捉え方に問題があったのか!ということを徹底的に腑に落としていきます。
もう少し簡単に言うと
イライラするのはあの人のせいだ、あの人が悪い!と思って生きてきたけれど、
それは全部自分の心の問題だったのだ。と気づくこと。

そんなことに気づきたくはないかもしれないけれど、
気づけば、深く根付いた思考グセを手放すことができます。

そして思考グセを外すと、ようやく「自分はどうしたいのか?」の視点で物事を判断できるようになるので、不安と恐怖から解放されていきます。

ヨガ哲学コーチング

「目の前が明るくなった」シンギングボウル倍音セラピーご感想

今日はピラティスインストラクターの中嶋先生にお越しいただき
シンギングボウル倍音セラピーを受けていただきました。

さすがピラティスで整えているだけあって、
シンギングボウルの倍音が今日はすごかったような気がしました。

ご感想をご紹介します!

ーーーーーここからーーーーー
最初は何が始まるか、一番のシンギングボウルが鳴ったときから心臓がどきどきしはじめ、そのうち波動が身体に入ってきました。

知らないうちに一瞬寝ていました。

起こしてもらったときには頭がスッキリしました。目の前も明るくなりました。終わってから少しして、手先に血が巡って上半身がポカポカしてきたのにも気づきました。

ーーーーーここまでーーーーー

ご感想をありがとうございました!

シンギングボウル倍音セラピーは、寝た状態でシンギングボウルの音をただ浴びていく時間です。

マインドフルネスヨガは、自分で身体の動きや呼吸の動きを観察することで頭のおしゃべりをとめていく能動的なマインドフルネスの練習時間

シンギングボウル倍音セラピーは、音のうねり・バイブレーション・倍音を全身で感じていく受け身なマインドフルネスのセラピー時間です

たまにはただただ受け身になりたい日もありますよね。
心身の調子が良くないときは、がんばらなくてよいので
シンギングボウル倍音セラピーを受けてください。
それだけで十分脳が休まるし、肉体と精神のバランスが整っていきます。

みなさん、すでによくがんばっています。
たまには肩の荷をおろして、休むことを自分に許可してみてください。

シンギングボウルのプログラムも、
モニターさんの声を参考にしながら、そろそろ完成する予定です。
眠れない方や心身の不調を抱えてる方向けに
極上のリラクゼーションを提供していきたいと思います。
とにかく頭を休めて欲しい!!それにつきます。

その前にあと少し、モニターさんを募集します!

所要時間:45分ほど(カウンセリングと感想をお聞きするヒアリング時間含みます)
料金:2000円
対象:女性の方(オンラインは男性もOKです。)
アンケート、ヒアリングにご協力いただける方。
日程:相談の上決めます。
ご予約:info@beingyoga2009.comまでメールください。

秋の薬膳スイーツ×ヨガ終了しました!

秋の薬膳スイーツ×ヨガのイベントが終了しました!

今回は満員御礼で、キャンセル待ちの方も出るほどの人気となりました。

この季節にあわせた薬膳スイーツを担当するのは、加賀生麩工房ふぜんさん。
毎回完全オリジナルレシピです
今回は開催の一週間ほど前にレシピが閃いたとのこと!
毎回毎回、素晴らしい作品を提供してくれます。

今回の材料は、さつまいも、リンゴ、かぼちゃ、小豆。
秋の味覚満載のとっても優しい味でした♡

薬膳スイーツの話ばかりしていますが
食べる前には秋の養生法についてのお話&ヨガもやっております。。。

↓今回の薬膳スイーツはこちら。
大玉な生麩の中にリンゴとサツマイモが入っていて、これが絶品でした。

 

↓次回は冬の薬膳スイーツ×ヨガです!開催日時はまだ未定ですが、
寒い時期の開催なので、温かいスイーツとなる予定です。

↓春バージョン。細工生麩が美しいです。

↓夏バージョン。下層の葛がレモン味。

このイベントの常連さんたちに3か月に1度お会いするのも
なんだかホッとした気持ちになります。。。

自己肯定感を高めるマインドフルネスヨガの練習

自己肯定感を高めることは、幸せに生きることにつながっています。
人が欲しいものは突き詰めると「幸せ」です。
であれば、自己肯定感を高めることは人生の重要事項となります。

ではどうやったら自己固定感を高めることができるのでしょうか?

それは、そのままの自分を認めることです

意地悪な自分も、嫉妬深い自分も、言い訳ばかりする自分も、ルーズな自分も
そのまま認めることです。

ですが、
そのままの自分を認めるよりも『そんな自分はダメだ』と頭の中で自分をジャッジすることしていませんか?

それだと、どんな自分も認めていない状態です。
「自分はダメだ」が口グセ、頭の思考グセになってしまっている人もいると思います。

なかなかそのままの自分を認めるというのは難しいですね。

ですが、マインドフルネスヨガの時間は、
そのままの自分を認めていく時間です。
なのでこの練習を積み重ねていくことで、どんどん自己肯定感が高まっていきます。(自分の身体を使うのが一番簡単な練習ではないかと思っています)

またこの練習が上手くなっていくと、
日常でもそのままの自分を認めることが上手になってくるので、結果としてどんどん自己肯定感が高まり、幸せになっていきます。

 

ここで少し時間をとって、床に座った状態で両足を伸ばして前屈してみてください。
ポーズが上手くできなくても、何もジャッジせずにその身体を観察し続けてください。

「今日の自分の身体はどんな具合なのか?」と、調子を伺う目線で自分を観察してください。

レッスンの時に「前屈ができない私はダメだ。」とか
「バランスのポーズで片足で立てないのが恥ずかしい」とか思いながらやっている方も多いのですが、それだと「こんな自分はダメだ。」と自分に言っているのと同じです。

前屈のときは
「膝の裏の伸び。」
「右腰の縮こまり。」
「痛み。」
「凝っている背中。」とそのままを見ていきます。

マインドフルネス目的でやる場合は、
ポーズは見るための道具でしかありません。

ジャッジしない練習。
どんな自分もそのまま認める練習です。

これを積んでいけば、自己肯定感は高まります。
要は「自己否定しない自分を育てていくこと」を練習していけば自己肯定感は高まっていきます。

 

人は白も黒もあっていいのです。

他人から肯定されなくても
自分が自分を肯定していけばOKです。

「自分自身の考え方が、自分自身の不調を生み出していたことを学びました」ヨガ哲学コーチングご感想

どんなに不安になることがあっても、自分で自分を落ち着かせることができたらいいですよね。

『完璧にやらなければいけない。』
あなた以外の誰もそれをあなたに課す人はいません。

ヨガ哲学コーチングを3か月続けて
自分の完璧主義に気づき、完璧主義でなくていいんだ、できない自分を許すという考え方が出来るようになったHさん。

ーーーーーご感想ーーーーー

「何事も完璧にこなさなければいけない」「自分の中でミスは許さない」
その完璧主義が自分で自分にプレッシャーをかけ、またもしできなかったら…という不安もあわさって自分自身を苦しめていた。

しかし、「自分を許す」「どんな自分も認める」ということにより、
自分は完璧ではなくていいんだ、出来ない自分を許す、そういう時もある、そういう考え方に切り替えて向き合うことにより、ものごとに対する考え方が楽になった。

ーーーーーここまでーーーーー

ご感想にも書かれていますが、

①完璧主義な自分に気づく
②それが自分にプレッシャーをかけて苦しめていることに気づく
③完璧に出来ない自分を許す、そのままの自分でいいのだと認める

これを繰り返すことで、どんどん自分自身を苦しめていたものをはずしていけます。

最終的に
「自分自身の考え方が、自分自身の不調を生み出していたことを学びました。」とも伝えてくれました。

わかっているようで、一番わかっていないのが自分自身です。
自分の思考を掘り下げる、みたくない感情をみていく。
こうやって自分とじっくり向き合うことでようやく自分の思考の大元がわかってきます。
自分を理解することは、自分らしく生きるための大事な大事な工程です。

私も自分が完璧主義だとは全く思わず生きていましたが、
自分と向き合うことで
「これが完璧主義ってことなんだ!!」って気づいたときから、
完璧じゃなくてもいいし、そもそも完璧なんて無理でしょ。と
少しずつ思考を変えることができました。
今でもまだまだ自分に厳しすぎるところもあるのですが、、、(これは一生かけて整えていく課題です!)

人は年齢に関係なく、自分と向き合い始めることで人生は変わっていきます。

不安ばかり考えて、こんな人生変えたいなと思う方、
是非ご自分と向き合う3か月間、チャレンジしてみませんか?

ヨガ哲学コーチング