他人からの承認欲求を求め続けるとどうなるか?

このコロナ時の対応、行動について

近しい人、家族間であっても主義主張が異なることがありますね。

 

そこで、イライラしたりもめたりして

雰囲気が悪くなったり、気分も落ちていませんでしょうか?

 

これはどちらの主義主張が正しくて間違っているということではなく

ものごとの解釈の仕方は、100人いれば100通りあるわけなので

自分の主義主張を相手に認めてもらおうとすること自体が

エネルギーの無駄遣いです。

どっちもOK。あなたはそうなのね。私はこうなのよ。でいいのです。

一本化を図る必要もなく、自分が思うように生きればよしです。

他人は変えられません!

そして相手に自分の主義主張をわかってもらおうとするそのエネルギーは、

自分を幸せにするためのことに使った方が健全ですね。

 

人には他人から承認されたいという欲求があります。

ですが、この承認欲求は

どこまでいっても満足することがないものなので、

もっともっと認めて欲しいと際限なく膨れ上がります。

求めても求めても満たされない、、、これは苦しみの人生となります。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

それは、自分で自分を認めることです。

私は私でいいのだ。

このままの自分で素晴らしい存在なのだ。

 

こうやって自分で自分を承認していけば

誰かに認めてもらわなくても

あっという間に穏やかな自分に戻れます。

 

人からの承認欲求を生きがいにしていると、

自分がどう生きたいか?より

他人が望む人生を歩むことになります。

 

そろそろ、他人が望む人生ではなく

自分の歩きたい道を歩きませんか。

 

ヨガは徹底的に自分らしく生きるために

自分と向き合う時間です。

 

自分を責めない。

自分を許していく。

他人と比べない。

 

まだまだ私もその道の途中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です