「自分はダメだ」という思い込みは正しい?

今日はヨガ哲学コーチングの最終回でした。

思考グセとは根深いもので、
私も今でも人と比べて落ち込みの沼にはまってしまうことがあります。
でも、そこに長くとどまって苦しむ時間が圧倒的に減り、
元のところへ戻るのがどんどん上手になってきています。

今日ご受講いただいたSさんからもそんなご感想をいただきました。

=====ここから=====

「人と比べることも多かったし、
自分はダメだなぁとへこむことのとても多いこれまででしたが、
人と比べて足りないところはずっと埋まることはないし、
今の自分はそれでよい!ということがわかってからは、
とてもラクになりました。

今でも比べたり、
自分に厳しくすることもあるけれど、
『自分は自分でいい』と思える状態に戻ってこれることはとても心強いです。」(Sさん・女性)

=====ここまで=====

自分の頭の中だけは、誰にも何も制限されません。
「どういう思考で生きていくか?」は自由です。
私たちは、幸せに生きるための思考法を学んで育ってきたわけではなく
近くにいる親や先生、友達、テレビなどの影響を沢山受けて今の思考グセを作り上げています。

今、少し生きづらいのなら
その思考グセ・思い込みを見直す時期が来ているかもしれません。

周りの人を変えることはできないけれど
自分の思考グセ・思い込みを変えるだけで随分と人生が軽く生きられるようになります。

「自分はダメだ」という思い込みは正しいでしょうか?

正しいのか正しくないのかをきちんと検証していないのに、
そのように思い込んでしまっていませんか?

であれば、とってももったいないことですよね。

私が信じ込んでいることは本当なのか??

いったん、内側の思考グセや思い込みを目の前に取り出して
「本当にそうなのか?」を考えてみるとよいと思います。

私は、「自分はダメだ」と頭に浮かんできたら

自分はダメな部分もある。
だけど全部がダメじゃない。
いいところもある。

と頭の中で考えていきます。

そして、本質の自分(魂の自分)を思い出して

「私はそのままでいい。」

と結論づけています。
こういった頭の中の作業を何度も何度も繰り返すことによって
思考グセ、思い込みから解放されてきています。

ヨガ哲学コーチング7日間無料メール講座はこちらから登録できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です