自分で自分を癒す方法

「いつまでこんな状況が続くのだろうか?」

今現在、未来のことに間違いのない答えを出せる人はいませんが、

いつまでも同じ状況が続くことはあり得ないことだけは確かです。

 

ですが、先が見通せない状況は

ストレスが強くかかりますね。

 

こんな時こそ、

自分で自分を癒す方法を知っていると強いと思います。

その方法は、

「頭のおしゃべり、不安を先取りする思考を止めること」です。

 

頭のおしゃべり、不安を先取りする思考は

勝手に続いていきます。

それは自然には止まりません。

あなたが意図して止めていくものです。

止めなければ、脳の疲労は続きっぱなしになります。

 

やり方は簡単です。

 

このまま

目を閉じて5分間

ご自分の今の呼吸を観察してみてください。

呼吸をコントロールしようとせず、そのままの呼吸をただ観ていきます。

 

そして

5分間終えたときの

頭の中の静けさを味わってみてください。

 

思考の止まった静かなご自分、穏やかなご自分こそ

 

本来のあなたです。

 

自分で自分を癒すということは

 

思考の止まった穏やかな本来の自分に戻る

 

ということです。

 

思考がうるさい間は、脳も働き続けている状態です。

 

脳が休まることで内側で癒しが始まります。

 

今こそ、マインドフルネスなヨガが必要な時期だと思います。

マインドフルネスなヨガは、

今ここにある身体・呼吸など自分の内側に意識を向けて

将来の不安を先取りする思考を止めていく時間です。

先ほどの5分間の呼吸を見ていく時間をもう少し長い時間やっていきますので

癒しの効果も大きく

レッスンを終える頃には

頭はとっても静かになり

胸のあたりは穏やかで、何とも言えない至福感を感じることができます。

 

心と身体はつながっていますので、

心がゆるんでいれば、身体もゆるんでいます。

緊張のない心と身体は、治癒力も高いです。

 

 

マインドフルネスヨガ/グループレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です