疑問をもって生きると人生が加速する

目の前の人が不機嫌だと、

ついつい自分もつられて不機嫌になったり、

あるいは

「何か私が悪いのかな?」と

相手の機嫌をとろうとがんばってしまうことありませんか?

 

私もこれに気づいていなかった時は

「私が悪いことしたのかも・・・。」と勝手に想像して

「相手の機嫌をとる」ということを無意識でやっていましたが、

今は

それは相手の問題であって

私の問題ではない。

と考えているので、

相手の機嫌が悪い問題は基本的に放置です(^^)

 

そして今日、生徒さんが

「家で家族が不機嫌になっていた時、よくそれに引っ張られて私も機嫌悪くなっていたのですが、

今日は「あ、これは引っ張られる必要はないぞ」と気づけて

不機嫌になることはありませんでした。

これが意識的に選択して生きるってことなんですね!!」

と気づきの体験をシェアしてくださいました。

 

私のヨガレッスンでは、

「意識的に選択して生きること」を常に言っています。

例えば、

「痩せたい」と思いながらも

昨日と何ひとつ生活を変えない今日を過ごすことが

無意識に生きていくということです。

結果を出したいなら、行動を意識的に変えることが必要です。

 

生徒さんも

「意識的に生きるってどういうこと??意味がわからない。」

と最初は思っていたわけですが、

とりあえず、頭に入れて帰る。

そして日常を送りながら、

あるとき、

「あー、そういうことか!」と自分の体験を通して

気づきとして腑に落とせたら、

そこからは実践で使える知恵となります。

 

知っている!読んだことある!だけで止めていてはもったいないです。

日常生活で使える知恵にまで落としこめるかどうか?

そのためには、

常に疑問をもって生きることです。

今回の生徒さんの場合は、

「レッスンで習った、意識的に生きるってどういうことなのか?」

という質問を自分の中に立てて毎日を過ごしていたから

ちゃんと答えがやってきたわけです。

 

私は長い間、「ヨガ哲学」を日常に落とし込むにはどうしたらいいのか?

この質問を自分の中に立てていました。

そしたら、長い年数(7年!!)かかりましたが、

ちゃんと答えはやってきました。

 

脳は質問を投げると答えを考えるようになっています。

人生を加速させるには、とっても大事なことです!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です