【イライラしている自分】から、【本当の自分】に戻る方法

ゴールデンウィークも3日目。

この10連休で

日ごろの忙しさから解放されて

ストレスが解消できる方もいらっしゃると思いますし、

反対に

3食準備、家族が常にいることで

ストレスがたまる方もいらっしゃると思います。(私は正直こっちですね)

 

女性の皆さんは、

毎日

ほんとうに家事・仕事・育児に頑張っていらっしゃいます。

一息つく間もなく、時間に追われながら、

あるいは

自分のことより家族のことを優先させながら

そして、子供のことに真剣に悩みながら。

 

そんな毎日では当然のように

ストレスは溜まるし、イライラもしますよね。

 

そして

ストレスがたまりイライラしている状態のあなたは

 

本来の自分ではないということ

 

です。

 

これはきっとご自分でも気が付いていると思いますが、

イライラしてきつい態度をとったり、言ったりしている自分は

「本当の自分じゃない。でも、止まらない。」

と。

 

 

先日生徒さんとのメールのやりとりの中で

Being yogaのレッスンのことを

「誰にも教えたくない特別なヨガ時間」と書いてくださる方がいました。

他にも常連さんは

「週に一回ヨガをすることでリセットされる」

「週に1度ヨガに来ないと、内側がぞわぞわする」

とおっしゃっています。

 

みなさん、微妙に表現は違うけれど

 

本当のいい状態の自分に戻る

 

という結果を

ヨガで手に入れて、

そのあと1週間の日常を生きる

エネルギーを充電させているのです。

 

 

本来の自分に戻るにはどうしたらよいのでしょうか??

 

それは

「忙しい日常から離れること」で

本来の自分に戻ることができます。

 

忙しい日常から離れることというのは、

身体を非日常の空間・時間におくこと

そして

思考(頭のおしゃべり)を止めることです。

 

つまりヨガをしたらいいですよ。

という話なのですが、、、

ヨガじゃなくても

非日常の空間・時間に身を置き

頭のおしゃべりを止めることができたらOKです。

 

大自然に触れるとか

無心で散歩するとか

旅に出るとか

色々あると思います。

 

大事なのは

日常のつらさから逃れるために、その行動をやるのではなくて

本来の自分に戻るためにやるというところですね。

 

 

その結果

イライラやトゲトゲした自分から

穏やかな本来の自分に戻れるのです。

 

私も

「早く皆さんとヨガレッスンをして

穏やかな本来の自分に戻りたい。」と思う連休3日目です。。。

 

Being yogaのレッスンは

女性の方が

週に1度

非日常の空間・時間の中に身を置いて

自分だけの極上のリラックス時間を過ごすこと。

忙しい日常から自分を切り離し、

イライラしてる自分、疲れている自分、心がざわついている自分を

リセットして

本来の穏やかな自分に戻る時間です。

 

皆さん、レッスンを終えたときには

「ここからも頑張っていこう!」と充電を完了させて

スッキリとしたお顔で帰って行かれます。

 

レッスンは

少人数制の完全予約制です

せっかくヨガレッスンにご参加していただくので、

リラクゼーションは参加される前から

スタートさせています。

「他の人より先に行って、いい場所取りしなくては・・・。」などと

慌てなくても、

マット・ブロック・ボルスター(長枕)・アイピロー・カイロ・毛布は

すべてお一人分ずつセッティング完了の状態でお待ちしております。

また、お隣の方と手がぶつかったりする心配もないように

広々とした空間を確保しております。

 

目を閉じてゆったりと呼吸を続けていくと

アロマの香りと癒しの音楽の中

ご自分だけの世界に一瞬で入っていくことができます。

 

日常からご自分を切り離して、

本来の穏やかなご自分に戻り

エネルギーを充電させませんか?

GW中もお待ちしております!

【GW中のグループレッスン】

1日(水)10時~11時25分

2日(木)13時30分~14時55分

4日(土)10時~11時25分

5日(日)誓立寺朝ヨガ 8時~9時

ご予約はこちらお願いします!

白も黒もある自分を認める あなた専用のアロマ香水

今日のヨガ哲学レッスンは趣向を変えて

嗅覚を使って自分の思考グセを見ていくということを行いました。

嗅覚からの情報は

【思考】を経由せずに

一瞬で「好き・嫌い」の判別が行われます。

つまり【思考】を経由しないということは

自分の本音なのです!

 

そして

好きな香りよりも

嫌いな香りを掘り下げていくことで

自分の中にある

認めたくない自分に出会い、

それを認めていくことで

どんどん人生が幸せになっていきます。

自分を掘り下げるワークの後は最終的に、

好きな香りと嫌いな香りをブレンドして

ロールオンアロマを作ります。

あなただけの

「好きな香り+嫌いだったけれど今は認めた香り」のオリジナルの香りです。

私の場合、イランイランの香りが苦手なのですが

・甘ったるい

・重い

・胸悪い

・束縛

といったイメージが出てきました。

掘り下げて考えると

「人に甘えてはいけない」という信念を持っていました。

「人に甘えてはいけない」「自分で責任もってやるべき」と思いながらも

甘え上手な人を見ると、とても羨ましかったり、嫉妬したり。。。

「自分でやるべきことはやったらいいけど、人に甘えてもいいかもね」

ぐらいに思えたら、、、。

 

そのために、好きな香りとこのイランイランの香りをブレンドした

ロールオンアロマの香りを嗅いで

「甘えてはならない!」という思考癖をゆるめていけたらいいなと思っています。

 

今日の生徒さんも

最初は嫌いだと言っていた香りを

【相手がどう思おうが、自分の意見は言っておきたい自分】

がいることを認めた後にもう一度香りを嗅いだら

「ツーンとしていなくて、甘い香りになっています!!」

とご自分の嗅覚の変化にびっくりされていました。

 

今日はアロマを使いましたが、

別にアロマを使わなくても

自分の思考癖を見ていくことはできます。

 

ヨガ哲学レッスンでも、別の方法で行っています。

ですが、アロマを使うと

単純に楽しいですね!!(特に女性は)

 

自分だけの香水が出来上がり、

それを毎日嗅ぐことで

どんな自分も認めていこうと思える。

いいだけの自分なんていないし

嫌なだけの自分もいない。

白も黒もどっちもあっていいのだよ!

を思い出す香りです。

 

実はこのレッスン、

2年前に

「ヨガとコーチングとアロマを組み合わせたワークを作る!」と

ノートに書いてました。

人生は自分の思い描いたようになるような気がします。

余り焦らなくても

このままでいいのだ!という安心感さえあれば。

 

ご興味ある方、是非いかがでしょうか?

 

緊張やコリを放置したままじゃないですか?

そろそろゴールデンウィークが近づいてきましたね!

そうは言っても

休み中も子供の部活はあるし、ヨガレッスンももちろんありますので

特にどこに行く予定も立てていない我が家です。

 

きっと前の公園で

いつもの日曜夕方のようにバトミントンとサッカーで遊んでいそうな気がします。。。

 

ヨガの方はといいますと

10連休という、これだけ長いお休みだからなのか、

プライベートヨガセラピーにご予約が入り始めています。

 

「日ごろの疲れをここでいったんリセットしたい。」

「極上のリラクゼーションを味わいたい。」

こんな嬉しいリクエストを頂いています。

 

「ヨガって動くし疲れるんじゃないの??」と思わるかもしれませんが、

【積極的に休むヨガ】

もあります。

 

これはやってもらったらわかるのですが

道具の力を借りることで

ふだん脱力ができない人もあっという間に脱力できてしまいます。

 

背中の下に入れているボルスターというヨガの長枕に体重を委ね

足の付け根に乗せたサンドバッグの重さを利用して、脚の力を抜き

アイピローで目を休める。

アロマの香り、心地よいBGMの中、

呼吸が深まり

どんどん緊張がゆるんでいきます。

ゆるむ過程をみていくことで

「いかに緊張して日々を生きていたか!」

に気づけます。

 

自分と向き合うというのは

身体が緊張していたこと

肩に力が入っていたこと

日々そこまでがんばっている身体に気づくことです。

 

 

ある日、急激な痛みが襲ってきて、肩が上がらなくなって

「なんだ、この身体!!どうなってるの??」となる前に

 

ちゃんと自分の身体をみる時間を作って

緊張やストレス、凝りに気づいて、

自分の身体のがんばりに気づいてあげましょう。

それが自分の身体に対する責任です。

 

 

GW中のレッスンのスケジュールです。

【グループレッスン・マインドフルネスヨガ】

4月27日(土)10時~11時25分

5月1日(水)10時~11時25分

5月2日(木)13時30分~14時55分

5月4日(土)10時~11時25分

5月5日(日):誓立寺朝ヨガ 8時~9時

料金:マインドフルネスヨガ(85分)2500円、誓立寺朝ヨガ(60分)1800円

【プライベートヨガセラピー】
〇:予約可能です ×:既に予約が入っています

27日PM(〇)

30日PM(×)

1日PM(〇)

2日AM(×)

3日AM(×)

4日PM(〇)

6日PM(×)

料金:(80分)6000円

ご予約はこちら

またはbeingyoga_happyyoga@yahoo.co.jpまでお願いします。

ぐるぐる思考を止めるには??

「悩んでもどうしようもないことを

気がついたらずっと考えていて、

無駄なことだとわかっているけれど

やめられないんです。」

というようなお悩みをよく聞きます。

 

「わかっちゃいるけどやめられない。」

という時

ぐるぐる思考を止めるにはどうしたらよいでしょうか??

 

答えは、

考えている自分を客観的に観察する自分を立ち上げ

「今、考えても答えの出ないことを考えてたな、私」

と自分を客観的に観ることです。

これで一旦、ぐるぐる思考は止まります。

 

しばらくしてまたぐるぐる思考が始まっていたら

また

「考えてもしょうがないこと考えてたぞ、私」と

気づきます。

 

それをひたすら繰り返していきます。

 

そして

自分を観ることで、

思考はコントロールできるものだと

気づくときがやってきます。

そうなると

「やめたいのに頭から悩みごとが消えないのです。」

という自分の問題なのに【受身な姿勢】ではなくて

 

「自分で思考は止められるのだ。

止めるか止めないかは自分次第」

と自分の人生を【主体的に送っていこうという姿勢】が

とれるようになってきます。

 

一方でヨガの時間は

自分の内側をただ観察し続ける時間です。

呼吸、身体の伸び縮み、痛み、左右差、、、。

なんのために観察するのでしょうか?

 

それは思考を止めるためです。

 

思考が止めれることに気づくためです。

つまり

思考に支配され続ける人生から

思考をうまくコントロールできる自分になるためです。

 

 

ヨガの内側の観察も

日常でのぐるぐる思考の観察も

どちらも同じ目的ですね。

 

日常でのぐるぐる思考の観察は

難易度が高いので、

最初はヨガから練習して

そして日常の問題へと応用出来る力をつけていくのが

おススメです。

 

 

ヨガをやる目的は

主体的にそして自分らしく幸せな人生を歩むためです。

 

そこまで人生に影響を与えることのできるものです。

昨日のお寺ヨガでも

「なぜヨガをやるのか?」を簡単に説明てからヨガをスタートしました。

 

もちろん、普段動かさない身体動かすことで、気持ちいい!

というところもありがたく受け取ってくださいね。

それでもそれだけではないヨガのメリットがあることも

知っていれば

ヨガは人生が豊かになっていくための道になります。

 

周りのリクエストに応えて生きるのは幸せ??

「単なるエクササイズだと思っていたヨガのレッスンが

一つ一つの動きが自分を見つめる大切な時間だとわかってからは、

レッスンを受けることが非常に楽しくなりました。」

という嬉しいご感想をいただきました。

 

ヨガ=身体エクササイズだと思っていると

いつかは飽きてしまいます。

前屈が出来ても出来なくても、

出来ないポーズがたくさんあっても、全く問題ありません。

 

ポーズは、自分の内側をみるための単なる道具です。

 

ではなぜ、自分の内側を見る必要があるのでしょうか?

 

それは、

大きく言えば、幸せに生きるためです。

 

ほとんどの時間、人は外側に意識が向いています。

「目の前の人はどう思っているのか?」

「ここで優しくしておかないと」

「いい人だと思われたい」

「こんなこと言ったら、馬鹿にされるかな」

 

つまり

自分はこうありたい、

私はこれを言いたい

これは嫌いだ

を我慢して

周りのリクエストに応えて生きることに全力を注いでいます。

 

そうすると

 

だんだんと自分の本音がわからないようになってきます。

私の幸せってなんだろう??

人に認められる存在になろうと頑張っているけれど、

その割にはあまり幸せを感じていない自分がいるような。。。

こんな気持ちはありませんか??

 

幸せになりたいと思いながらも

人を満足させる人生を知らず知らずに歩いています。

ですが、幸せになりたいなら、

自分を満足させる道を歩く必要があります。

そのためには、

 

一日のうち数分でも、あるいは週に1回でも

外側に向いている意識を

自分に向けてあげることをやってみてください。

 

それは難しいことではなくて

目を閉じて、自分の身体を観察してあげること、それだけです。

 

いきなり動かずに座り続ける瞑想はハードルが高いけれど

目を閉じて、ゆっくりとした呼吸にあわせて身体を動かせば

身体の伸びているところ

ちょっと痛いところ

左右の差

呼吸の深まり(あるいは呼吸が浅いこと)

などを観察しやすいと思います。

そうやってただ観察をしてあげる時間を過ごすことで

周りのリクエストにこたえるためにはどうしたらよいだろうか??

とフル稼働だった思考が大人しくなります。

思考が大人しくなれば

ようやく静寂が訪れます。

 

静寂

安心感

穏やかさ

これが見えていなかった本当の自分の性質です。

この性質に出会えたら

あー、私は今幸せだ。と思えます。

 

内側に意識をむけてあげることで

幸せは感じられます。

 

遠くまで出かけなくても

幸せは

自分の内側にあるということ。

そして、

今この瞬間手に入れられるものです。

 

 

ヨガは長い長い道だと思っています。

飽きるということはなく、死ぬまで歩いていく道。

飽きないのは、

自分を幸せにするということを

徹底的にやっていく道だからです。

 

 

何に安心を感じて

どういう自分だと幸せな気持ちになれるのか?

 

人が期待する自分になるのではなくて

自分基準で生きるために必要なのが

自分と向き合うということです。

 

それがヨガです!

単なるエクササイズではないのです。

 

季節の養生イベント、好評につき継続します!

今日は季節の養生法を取り入れた

「薬膳パフェ×デトックスヨガ」のイベントでした!

 

人間も自然界の一部です。

自然をコントロールしていくのではなく

自然界の季節の流れにうまく身を任せることができれば

もっと軽やかに元気で過ごせると思います。

 

ということで今日は「春の季節に必要な養生ヨガ」を行いました。

 

春はデトックスの時期なので、

冬場に溜め込んだものを上手く排出することを意図したポーズを多めに。

そして

経絡に刺激を与える陰ポーズ(筋肉はお休みさせて長めのキープを行うポーズ)

では、春に対応する肝経にアプローチ。

ヨガで心身が整った後は、お楽しみの薬膳パフェの時間です。

生クリーム、イチゴなどの洋風のパフェに比べたら

圧倒的な華やかさはないかもしれませんが、

40歳を過ぎたら見た目の華やかさより

素材の贅沢感、罪悪感なく食べられるものの方が

結果として満足感は高いですね。

(食べてから後悔・・・というのが一番悔しいです。)

 

優しい甘さのあんこと葛、生麩

このパフェは春だけのものにしておくのはもったいない!!

そして

季節の養生は春だけじゃない!!

ということで

今年は

春・夏・秋・冬の年4回「季節の養生イベント」として

開催することになりました!!

あとで思い出したのですが、

陰ヨガで経絡のことを学びながら

数年前に

「いつか季節の養生ヨガをやりたい!!」と思っていたことを思い出しました。

 

願えば叶うものですね。

というか、

「やる。」

という初期設定さえしてしまえば

タイムラグはあってもすべてうまくいくのだなと改めて思いました。

 

その時必要なのは

「自分の人生、必ずよくなる」

と自分の人生を信頼しておくことだけです。

 

来月の法界寺ヨガは5月24日(金)10時~です。

新緑の季節、ヨガをはじめるには最適な時期です。

初めての方も、お久しぶりの方もお待ちしております。

日時:5月24日(金)10時~11時30分

場所:法界寺(小松市東町)小松駅から徒歩5分

料金:2000円(お茶お菓子つき)

定員:6名

ご予約ページはこちら

 

日常から離れる簡単な方法とは?

【ホームページのお知らせ】

今日からホームページのURLが新しくなりました!(内容は変更していません)

安全なサイトへ

ということで、

独自ドメインを取得し、SSL設定も完了しました。

(SSL設定は、暗号化通信を行うことで不正なのぞき見などを防止する機能らしいです。)

あまりこういうのは詳しくなのですが、

基本WEBの作業は、「とりあえずやってみる。」というスタンスです!

やってみたら案外何とかなります。

 

新しいURLは

http://beingyoga2009.com/

です。

引き続きよろしくお願いします。

 

お知らせは以上になります。

 

今日は定期的にプライベートレッスンにお越しいただいている方に

今後のレッスンを組み立てていく参考にするために

色々と質問をさせてもらいました。

そのやりとりの中で

なぜヨガをするか?という質問に対して

『非日常に身をおいて』という言葉が出てきました。

非日常だけではなく

ほかの生徒さんたちも

ヨガの時間は

別世界、特別な時間、自分だけの世界。。。

とよく言われています。

 

日常は、自分の外側に意識がいっている状態です。

日常から自分を切り離すことで

はじめて静かに

自分の内側をみることができます。

 

内側をみれば

身体からの気づきがやってきます。

ひらめき、直観もやってきます。

あるいは

自分の心と身体がよくわかるようになります。

たとえば、気が滞っている、身体が凝っている、

地に足がついていない、緊張で力が入っている・・・など。

 

つまり

ヨガをするときは、

「日常から自分を切り離す」

ということがとても重要なことだと言えます。

 

簡単に

今この瞬間に

日常から自分を切り離すことができる方法があります。

 

それは

 

「目を閉じること」です。

 

目を閉じて自分の呼吸を観察すれば

外側が切り離されます。

 

閉じた目で、内側を見ている間は

自分だけの世界。

 

そこから何かを得る必要もないので

ただ内側を見てみます。

 

その間は、

頭のおしゃべりが止まり

静かな自分になっています。

 

ポーズをとらなくてもヨガの時間です。

 

子供の宿題にイライラしないためには

春休みももうすぐ終わりますね。

最近、ヨガ哲学レッスンやヨガレッスンで伺う一番多いお悩みが

「子供が宿題をやらないことにイライラしてしまう」

「だらだらしている生活態度が気になる」

といった感じで、ご自身のお悩みというより

お子さんのことでイライラする、ぶつかる、何とかしたいと思われている方が結構いらっしゃいます。

 

ヨガ哲学の視点からのアドバイスできるとすれば

以下の3点です。

1.子育てのゴールは子供の自立。これを常に忘れないこと。

2.わが子も「本質の自分」を持った存在だと信頼の目で見守る。

3.人は変えられない(わが子であってもです!)

 

まず、宿題をやるやらない、あるいは忘れ物をしてしまうなどということは、

子供が自立していく上で

自分で解決能力をつけていくために必要なことだと思います。

「宿題をやらないとどうなるのか?」

「忘れ物をしてしまったらどうなるのか?」(←我が家の事例は記事の最後に書いてます。)

あるいは、

「忘れた時はどうすればよいのか?」

こういった一つ一つを体験することで、対応能力もついていきます。

それを親が宿題を完成させるところまで付き添ったり

忘れ物をしないようにチェックする、忘れ物を届ける

などをやってしまうと

せっかくの学びの機会を摘み取ってしまうことになります。

子供に転ばぬ先の杖は要りません。

転んで学べばそれでよしです。

 

子育てのゴールは「子供の自立」です。

 

「先生や周りのお母さんたちから、良いお母さんと思われたい」

「子供に好かれたい」

 

こんな気持ちに引っ張られて、

子供のことに手を出し、口を出しということが止められなくなっていませんか?

 

あるいは

手出し、口出しをしてしまうということは

そのままの子供を信頼できていない。ということかもしれません。

「私がしっかりと管理してあげないと、この子は・・・。」

「このままいくと、この子の将来が不安・・・。」

という気持ち。

子供はか弱い存在、まだ不完全だ。と思っているかもしれませんが、

そんなことはありません。

誰の中にも「本質の自分」というそのままで完全な存在がいます。

今はただ、エゴ丸出しかもしれない。

それでも、そのままの子供を信頼すること。

それが親の役目ですね。

 

また、これは対人関係をよくするうえでの黄金のルールでもありますが、

「人は変えられない」ということです。

たとえ我が子であってもです!!

子供の問題は、その子自信が解決する力をちゃんと持っています。

それを親が解決しようと手助けするのは、おせっかいというもの。

 

信頼の目で見守るだけで十分です。

 

子供のことにイライラして、ぶつかってしまう、。

その子供さんに向けていた時間やエネルギーを是非、

ご自分のやりたいことを見つける、

やりたいことをやるということに向けてみませんか?

 

自分を幸せにすることに一生懸命なお母さんを見ていたら

きっとお子さんも

変わってくると思います。

 

人は変えられませんが

自分が変わることで

周りに良い影響は与えられます。

 

私も子育て中なので、まだまだイライラすることもあり、口出しすることもありますが

そのたびごとに「子育てのゴールは自立」「信頼の目で見守る」ということを

再度確認しながら、

できるだけ子供の問題には手出しをしない自分を育てています。

 

冷たいかなぁ。。。と思うこともあるのですが

子供は私の所有物ではありません。

今はありがたいことに、一緒にいられる時期なだけで

いつかは自立して巣立っていきます。

私の思い通りに育ってくれたらというのは、エゴですね。

 

1番下の小1の男児は、一度忘れ物をしてからは

「全教科の教科書を毎日持っていく。」

というアイデアを自分で考えて実行してます。

重すぎるランドセルよりも

忘れ物をしない。

が今は優先なのだと思います。

今後、どうなっていくか口出しせずに見守りたいと思います。

 

 

 

揺らぎやすい春におススメのポーズ

今日から4月ですね。

春は、風が強くて

どこか地に足がつかない感じや

集中が切れたまま不安定のままに進んでいる感じがありませんか?

あるいは

進級、進学、入社など新しい環境となる方は

それだけでそわそわしますね。

 

こんな時こそ、

大地に根を張る木のポーズで、

どっしりと落ち着いた自分を取り戻しましょう。

下半身が下に落ち着くと

上半身の緊張もとけます。

 

足の裏は大地に根付かせて

下腹部の安定感を感じながら

上半身は緊張をときます。

肩に力が入りやすくなるのですが、

あくまで安定感を出すのは下半身(特に下腹部)です。

 

揺れても気にせずに

揺れている自分を観察しましょう。

倒れてもOK

今日の木のポーズを受け入れましょう。

決してダメ出ししないように。

 

また

「がんばって倒れないようにするぞ!」

と気負ってポーズに入るより

淡々とポーズに入る方が上手くいきます。

 

風が吹いてもしなやかに揺れる木(背骨)をイメージして

立ってみてくださいね。

 

木のポーズは、

□集中力を高める

□下半身の安定感を増す

 

春におススメなポーズです。