ヨガに違和感を感じている方

ヨガには興味はなく、マインドフルネスに興味があって

レッスンにご参加された方がいらっしゃいます。

 

「以前にヨガは何度か経験したことはあって、

ヨガはもういいやと思っていたのですが、

ここのマインドフルネスヨガを受けて、

毎回頭がとてもスッキリ、クリアになり、

ヨガってこんなにすごいものなのかとびっくりしています。」

とおっしゃっていただき、今は週1のペースで通っていただいています。

 

マインドフルネスヨガは何がそんなにいいのかというと、

マインドフルネスヨガの目的は「頭のおしゃべりをとめること」です。

ヨガをして頭がすっきりクリアになる。というのは

「頭のおしゃべりが止まって、本来の静かな自分に戻れている。」

ということ。

この静かな自分こそが、本当の私です。

 

【自分って何なのか?】

という人生を左右するような大きな問いの答えが

マインドフルネスヨガをすることで

自分の身体を使って簡単に理解できるのです!!

 

 

ヨガに何を求めるかは人それぞれですが、

ポーズをとる=ヨガ

つまりポーズありきのヨガをしていたら

例えば、

上手くできないポーズが出てきたときに、自分を責めるというジャッジがはじまったり、

隣の人はできているのに・・・と人と比べて自分を責めるというジャッジがはじまったり、

いい悪いのジャッジに振り回されます。

誰が何に振り回されるのか?と言えば、

ジャッジをしている思考に

私が振り回されているということです。

これでは、

ヨガをしているにもかかわらず

ヨガの本来の目的である思考を止めることは無視されています。

 

心にも効くと言われるヨガですが、

単なるストレス解消目的

とれないポーズをとれるようになった達成感を味わうため

ヨガをしている自分が好きとか・・・

そんなエゴを満たすためのヨガを続けていると

あるとき

「ヨガって心にも効くはずなのに、なんか違う・・・」

と違和感を感じる方も出てきます。

 

その際、ヨガに落胆するのではなく

自分はヨガに何を求めているのか?

を確認してみてください。

 

ヨガの目的は

「思考を止めること」です。

 

そこから

内面への旅がはじまります。

 

思考が止まらない限り

内面への旅の扉はひらきません。。。

 

治癒力の発動に必要なこと

現在、プライベートヨガセラピーに定期的に通われて

膝の痛みがだんだんとなくなってきた方がいらっしゃいます。

プライベートヨガセラピーでは、

身体的な動きや

ストレッチも行いますが、

まず、

「どういう意識で

膝と向き合うか?」

ここをまず丁寧にお伝えして

 

膝の痛みは

自分のこれまでの姿勢、

身体の使い方や癖の結果と

認めてもらった上で、

痛みのある膝を

慈しみの気持ちでケアしていく。

ということを続けています。

 

自分の膝だからこそ

1番大切な人の身体をケアする気持ちが必要なのです。

その気持ちで身体のケアをしていると

 

「元の良い状態に戻る」

という

自分の治癒力を100%信じられるようになっていきます。

 

そうやって

痛みをきっかけに

自分と身体との関係性を

より親密にしていけば

どんどん自分の本性に近づいていけますし、

自分の身体に責任が持てるようになり

「私の身体は私が1番知っている」と自信もついてきます。

 

痛みは一時的には嫌なものですが、

視点を変えてみれば

身体との関係性をよりよくする機会と言えます。

 

身体は知恵の宝庫です。

痛みはそのサインです。

無視せずに

聴いてみること。

自分の内側に答えはあります。

思考で考えるのではなく

身体からの感じることが大事です。

 

膝のストレッチは何をやったらいいのか?

より

どういう意識で膝と向き合うか?

の方がとても重要なことです。

 

身体は可塑性があるので、

ちゃんと治ります。

自分の身体と向き合うことでそのスイッチがオンになります。

 

 

オススメの本 「WOMAN’S GIFT 女性の自尊心がすべてを変える」

11月8日に出版されたばかりの本ですが、

WOMAN’S GIFT 女性の自尊心がすべてを変える』を一気に読みました。

 

「女性ってこんなにも素晴らしい存在なのか!」

「女性に生まれてよかったな〜。」と心から思えた本です。

 

セクシュアリティの話も

ものすごくオープンに、愛の視点で書かれています!

性エネルギーは、愛そのもの。

隠すものでもいやらしいものでもないですね。

 

著者の方は、

人間のエゴをはるかに超えて

宇宙の真理レベルで

愛ということを伝えてくれています。

内容はとてもシンプルですが、本当に愛に溢れてます。

 

本来、男と女とは、

「男性は、命与えし性である女性に恩返しすることで幸せになれる」

「女性は自分を愛することで幸せになれる」もの。

なんだそうです。

 

男性と女性の幸せって違うなぁとは思っていたけれど

この本を読んでスッキリしました。

そして本当に女性ってラッキーだなって思えます。

 

WOMAN’S GIFT 女性の自尊心がすべてを変える (単行本)
Amazon.co.jpによる
詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4837927734/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_VYDZDbXKWVESV

 

自分の価値観で生きていいと自分に許可する

マイケルローズのセミナーに参加して1週間が過ぎました。

私にとってこののセミナーに参加したことは、

これまでの人生で1番衝撃的な体験となりました。

 

気持ちが解放され、枠が取り払われ

深いところから癒しが起きました。

 

素晴らしい体験だった一方で

たくさんのイマジネーションを使った瞑想をやって

自分の内側を見ていったのですが

どこか浅い部分までしか入れない感覚もあって

スッキリとしてない私もいました。

 

なので

家に帰ってからも

引き続きイマジネーションを使った瞑想を続けていたのですが

 

昨日の夜

ずっとしまいこんでいた感情、置き去りににしてきた自分

にやっと気づきました。

 

親や環境のせいではなくて

私が自分を大事に扱っていなかった。

 

自分への敬いが全くないまま

親の価値観で生きてきたなと。

 

「私は私の価値観で生きる!」と

自分が自分を許してなかっただけだったのか!!

 

とシンプルな答えにようやく気づきました。

 

意識的に生きるということは

自分に愛と尊敬を注ぎながら

生きていくことなのだと、ようやく理解できました。

 

被害者意識や

認めて欲しいという気落ちを

どうやって扱うのか?

ここが本当に難しかった。

 

でも

そこに焦点を当てずに

自分に愛をもって接することですね(^^)

 

わかってしまうとシンプルなのに!

と思います。

 

玉ねぎの皮を1枚1枚むいていくように

ひとつ、ひとつ、

いらないものをはずしてくことは、

自分らしく生きるために

死ぬまで続く作業なのだと思います。

 

 

浮つく自分を落ち着かせたい時におススメのヨガ

今日はプライベートヨガセラピーのレッスンでした。

 

『ここ数日は

頭も身体もとても忙しい状態で

アドレナリンが出ている感じ、少し興奮状態です。』

と自己申告してくださったので、

 

今日のヨガは、

少し浮足立ってる身体をどっしりと大地にグランディングさせるため

そして、

気持ちを鎮めるため

ひとつのポーズを5分ほどホールドする陰ヨガを行いました。

 

陰ヨガは、

簡単に言うと

やさしくやさしくストレッチした状態を5分キープして

関節周りが固まるのを防ぎ

経絡に刺激を与えます。

そして

5分の間じっくりと、自分の内側を観れるので

とても瞑想的な状態になれます。

 

終わった後に

『この気持ちよさ、癖になるような感じですね!』

とご感想をいただきました。

 

私も久しぶりに陰ヨガだけでレッスンをしたのですが、

どっぷりと自分の内面を旅する素晴らしい時間を過ごせ

シャバーサナに入る前にすでに至福の状態でした!!

陰ヨガは、

立ってやるポーズはなくて、

座位中心ですので、

伸ばしすぎないように気を付ければ、

どなたでも安全にできます。

ただ、最初のうちは5分キープというのは

【思考の自分】が嫌がります。

 

身体は

自分が考えているよりスローな時間の流れ方を喜びますが、

【思考の自分】は、先へ先へと急ぎたがります。

 

ですが、これもだんだんと慣れてくると

陰ヨガの没入感が癖になってきます。

 

陰ヨガの世界へ行ってみたい方はプライベートヨガセラピーへどうぞ!!

プライベートヨガセラピー

眠れない時は、まず呼吸でリラックス状態を

5日間レッスンをお休みして、久しぶりに学びの場に行ってきましたが、

今日から気持ちもリフレッシュしてエネルギー満タンでレッスン再開です!!

 

今日のレッスンは、

マインドフルネスに興味があるという方が初めて参加してくれました。

 

「マインドフルネスにすごく興味があったので、

今日はとてもよかったです。

少し昼寝したみたいに、頭がスッキリしました。」

とのご感想をいただきました。

 

いつも頭のおしゃべりが止まらないと

『頭のおしゃべりに私が振り回されてしまう。』

と被害者になってしまいますが、

頭のおしゃべりは、自分でコントロールできるものです。

どうにでもなります。

 

それを

主従を逆転したまま、

つまり

頭のおしゃべりに自分の人生を操縦させたままにしておくと

起きてもいない先の不安に押しつぶされることになります。

 

頭のおしゃべりは、自分を構成するものの中の一つの小さな部品です。

何とでもコントロールできます。

 

 

頭のおしゃべりが止まったら

脳で無駄なエネルギーが使われないので、

疲労回復の方にエネルギーが回ります。

結果、ストレスに強い脳に修復されます。

 

 

夜、眠れないとき

『このまま一晩中眠れなかったらどうしよう。。。』と考えだすと

なおさら目が冴えてきますね。

こんな時は、

目を閉じて、

ゆっくりと穏やかな呼吸を3,4回繰り返してみてください。

吸う息より吐く息をゆっくりと長めにです。

 

途中、頭のおしゃべりが始まってきたら

それをスパッとやめて

また呼吸をゆっくりと3,4回。

 

そのままうまく眠りにつながればよいのですが

眠れなくても

深い呼吸を続けることで

副交感神経が優位になります。

そうしたら、身体はリラックスモードに入るので

ひとまず、ストレスや緊張状態からは解放されています。

 

眠れなくても、呼吸で自分を癒している時間です。

リラックスタイムです。

ひとまず、これで十分です。

 

身体が緩んで、頭のおしゃべりが止まり、

深い呼吸ができているとしたら

睡眠同様に疲労回復ができている場合もあります。

 

寝なければならない

という強い気持ちを手放して、

穏やかに呼吸を

続けてみてください。

 

あるいはどうせ眠れないなら、

『どうして自分は起きてもいないことをあれこれ考えているのか?』

を一度考えてみるのも

何か気づきを得ることにつながるかもしれません。

 

不眠で悩まれる方がスムーズに眠れるようになるには、

自分の(頭の中や身体の)緊張に気づいて

『自分で自分をリラックス状態にもっていくこと』

を練習する必要があります。

 

マインドフルネスヨガは、

不眠でお悩みの方にもおすすめです。

 

マインドフルネスヨガ/グループレッスン